ホーム | 中文 | English | Français | Deutsch
1978年、鄧小平氏の提唱の下、中国共産党第11期中央委員会第3回全体会議をシンボルとして、中国は改革開放の歴史を歩み始めた。2018年は改革開放40周年に当たる。まさにこの40年間、中国共産党の指導の下、中国人民は中国の特色ある社会主義の道を歩んできた。我々は困難にぶつかり、試練に直面したが、たゆまず奮闘し、時代と共に進み、勤勉さと勇敢さ、知恵をもって現代中国の発展と進歩の物語を紡いできたのである。
中国の改革開放40年が世界に与えた重要な示唆
中国が改革開放政策を実施してから2018年でちょうど40年。中国の経済・社会発展が成し遂げた偉大な成果の源は、40年前に始まったこの改革開放にある。改革開放は生産力を解放し…
· 中国の希望と措置
· 習近平国家主席「中国の開放の扉は閉じることなく、ますます大きく開いていく」
· 開放の成果を中国と世界へ
· 「一帯一路」の輝かしい成果
· 拡大開放 共同繁栄を実現する主体的選択
一覧へ
改革開放の軌跡    
大亜湾原子力発電所
中国原子力発電の第一歩――大亜湾原子力発電所
1993年8月31日、中国で最初に外資と設備、技術を導入して建設された大型原子力発電所――広東大亜湾原子力発電所1号機が併合発電に成功した。同発電所は中国初の大型商用原子力発電所…
対外経済貿易
手探りで踏み出した対外開放への道
対外開放し、対外経済貿易を発展させることは、中国の社会主義現代化建設にとって非常に重要な役割を果たした。長年対外貿易分野で働いてきた劉向東さんは、特にこのことを身にしみて…
安徽省小崗村
安徽省小崗村の命をかけた誓約書
今年は中国改革開放40周年。中国の改革開放は農村から始まった。その舞台となったのは安徽省鳳陽県の小崗村という村である。厳金昌さんは小崗村の農民だ。1978年、彼は他の17人の…
高考
温元凱氏 「高考」を復活させた座談会
1978年に開催された中国共産党第11期中央委員会第3回全体会議によって中国の改革開放は幕を開けた。中国を大きく変化させ、そして世界に深い影響を与えた偉大な大変革の中で…
蘇州高新区を訪ねて    
蘇州高新区
蘇州高新区 未来志向の中日経済協力モデル
2001年、日本で長年努力してきた稽瑞康氏は日本の富士フイルム社から派遣されて中国に戻り、蘇州高新区にある蘇州富士膠片映像機器有限公司に着任した…
蘇州ならではの学習体験を 蘇州日本人学校
蘇州ならではの学習体験を 蘇州日本人学校
チャイムが鳴ると、大きな校舎からは生徒たちが我先にと飛び出し広いグラウンドに向かって駆けてゆく。蘇州の青空の下で彼らの楽しそうな声が響き渡る…
在中国日系企業
在中国日系企業 成功の秘訣は人材育成
毎年9月になると、キヤノン(蘇州)有限公司の何発平さんには首を長くして待っていることがある。年に1回開催される「中秋晩会」だ。数千人規模の「中秋晩会」は…
奥原純さん
一杯の沖縄そばに込められた想い 料理人の奥原純さん
その沖縄そばをすすった瞬間、驚きまた困惑さえした。ここは本当に中国なのだろうか、と。江蘇省蘇州市の日本料理ストリートに佇む南風(なんぷう)は、蘇州市出身の…
改革開放とともに    
【改革開放とともに】軍人から高齢者サービス企業経営者に転身 単大鵬さん
軍人から高齢者サービス企業経営者に転身 単大鵬さん
北京市西城区の棗林前街に、少々古びた集合住宅が数多く立ち並んでいる。北京祥瑞聚民養老服務有限公司はそのうち一棟の半地下室にあり、面積は1500平方メートル余り。今年40歳の…
改革開放と「同い年」 楊福さん
改革開放と「同い年」 楊福さん
6月の北京は、まだ炎暑とはいかないものの夏の陽気が続く。仕事が終わった後の楊福さんの足取りはことのほか軽かった。金曜日は家に帰れる日だからだ。「家は北京にありますが、故郷の…
岩永正嗣
「日中間の双方向投資が望まれる」 岩永正嗣日中経済協会北京事務所所長
「30数年前、僕が高校生の時、NHKが中国の中央電視台と合作の『シルクロード』という番組を作っていたんです。それを見て…
高橋耕一郎所長
中日交流の「きっかけ作り」に奮闘 北京日本文化センター
「日本を中国に紹介する」。このたった一言に、どれだけの苦労や努力が隠されているのだろう。国際交流基金北京日本文化センターは中国全土での様々な活動を通じて…
中国音楽業界の変化を見つめてきた日本
中国音楽業界の変化を見つめてきた日本人レコーディング・エンジニア 粟野敬三さん
黒豹、唐朝、輪回、零点楽隊、鄭鈞、胡彦斌、果味VC、布衣楽隊、陳琳、楊坤、李宇春、黄綺珊、吉克隽逸(Summer)…
人との出会いに
人との出会いに彩られた中国との20年 大学日本語教師・佐藤芳之さん
北京語言大学に、一人の日本人教師がいる。痩せ型でメガネをかけ、いつも白いシャツを着て、誰にでも優しい態度で接するこの先生は…
北京の美容業
北京の美容業界に飛び込んで15年 ヘアスタイリスト・三島智之さん
「美容師は大変ですよ。あんまりダサイ格好をしていると信用してもらえない。お金を払うだけの価値を出す演出をしないといけない…
生畑目高広さん
「これから中国はすごくなる!」34年前の一言が変えた人生 生畑目高広さん
生畑目高広さん(51歳)は総合商社の三井物産で長く食品貿易に携わり、北京駐在員として2度にわたって中国に滞在し、日中間の…
改革開放の新たな局面を開く    
京津冀が共同で河北省滄州をファッション産業の都に
京津冀が共同で河北省滄州をファッション産業の都に
7月29日、北京市の西部にある官園商品卸売市場の入口に「テナント契約更新停止と事前のテナント返却準備について」という通知が貼り出された。西城区で最後に残った地域性卸売市場…
京津冀協同発展
京津冀協同発展の先駆者 曹妃甸新区
曹妃甸は河北省唐山市の管轄区域で、以前は帯状の砂州だったが、10年余りの発展を経て、「二区一県一城」(曹妃甸工業区、南堡開発区、唐海県、唐山湾生態城)を管轄する曹妃甸新区…
重慶・果園港
内陸部開放チャンスの扉を開く長江経済ベルト
長江経済ベルトは注目の対外開放ベルト地帯になりつつある。今年1~4月、長江経済ベルト沿いの省・直轄市の対外投資と外資導入は著しく増加した。第1四半期の長江沿岸11省・直轄市の…
海南
海南経済特区設置30年 輝かしい未来へ
1988年4月13日、第7期全人代第1回会議は「海南省設立に関する決定」と「海南経済特区設置に関する決議」を可決し、海南島を中国最大の経済特区に作り上げることに同意した…
どんどん豊かになる社会    
貧困脱却の夢へと向かう農村の女性
ミャオ族伝統の銀細工で貧困脱却の道を8.jpg
コーヒー産業
山奥深くに「夢のふるさと」
豊かな生活へ村民を導く「養豚の達人」
作業員
白ズボンヤオ族、貧困脱却へ
王秀英さんの中医薬香嚢が村民を豊かに
農作業を行う楊さん
新疆の「緑皮車」 人々の生活を豊かに
仏手柑を持つ農家
貧困脱却
データ    
1万3000カ所の医療機関が遠隔医療を実現
2017年安徽省の「外出農民工」の数
長江経済ベルトのグリーン発展
中国の国民生活
動画    
中国国際輸入博覧会開催.jpg
中国国際輸入博覧会開催 ますます開放する中国市場
改革開放から40年 手を取り歩む蘇州高新区と日本企業
改革開放から40年 手を取り歩む蘇州高新区と日本企業
福建省晋江市
福建省晋江市 小さな都市の大きな夢
上海協力機構
上海協力機構青島サミット 「上海精神」の再発揚を
ボアオ・アジアフォーラム
ボアオ・アジアフォーラム アジアと世界の未来に向けて
青空
「霾」過天晴 「青空防衛戦」の効果現る
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号