中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
一線都市のホワイトカラー、都市への低い帰属感 住居・戸籍問題が原因
  ·   2017-09-13
タグ: 一線都市;ホワイトカラー;社会
印刷

〇帰属感の低さに影響する要因―住居、収入、戸籍など 

職場のホワイトカラーが生活している都市に対して帰属感を抱いていない最も大きな原因として、「持ち家がなく、借家住まい」が挙がり、全体の52.8%を占めた。また、「生活コストが高く、ストレスが大きい」がこれに続き、50.2%だった。

このほか、「独身だから」は33.6%、「両親が近くに住んでいない」は33.3%、「現地の文化・環境にずっと馴染めないでいる」は19.2%、さらには「現地の戸籍を持っておらず、子供の進学問題を解決できない」(11.2%)という答えもあった。

業種による就労年数の違い、戸籍の有無、収入の高さといった要素からも、都市への帰属感が変化することが明らかになっている。

就労年数が長ければ長いほど、都市への帰属感が高まり、戸籍の有無も帰属感を大きく左右している。また、収入が高ければ高いほど、帰属感も高まっている。

前のページへ123次のページへ
一線都市のホワイトカラー、都市への低い帰属感 住居・戸籍問題が原因--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: