中文 | English | Français | Deutsch | BR America
   
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治
  • 印日両国
    安倍首相訪印の狙いは?
    日本メディアの報道によると、安倍晋三首相は9月にインドを訪問し、モディ首相と日印協力の強化などについて話し合う計画だ。近年印日両国は絶えず連動しており、この時期の接近は…
  • 韓米軍事演習
    韓米軍事演習で朝鮮半島に再び緊張
    韓米両軍は21日、年次合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」を開始した。韓国軍5万人と米軍1万7500人が11日間の演習に参加する。報道によると、演習は朝鮮半島…
  • 華春瑩報道官
    外交部、日米軍事協力は地域の平和・安定を損なうべきでない
    外交部(外務省)の華春瑩報道官は21日の定例記者会見で、日本防衛省が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入加速を望んでいることについて「中国側は米日…
  • BRICS
    BRICS国政運営シンポジウムが閉幕
    BRICS国政運営シンポジウム(主催:中共中央宣伝部。運営:国家行政学院、中国外文出版発行事業局)が17、18両日に泉州で開催された。「開放的包摂、互恵・ウィンウィン、人類運命…
  • 慰安婦
    真実を前に勝つのは良知と正義
    中国人「慰安婦」生存者の生活の現状に焦点を合わせたドキュメンタリー『二十二』が公開6日で興行収入1億元を超えた。映画館に入り、こうしたお年寄りの日常生活を見つめ、ささいで…
  • BRICS
    BRICS体制はさらに素晴らしくなる
    数カ月前のBRICSシンクタンク・シンポジウムで筆者は「BRICSは文化・歴史、経済成長率、社会・伝統面で多少異なるが、いずれも新興国で、各々長所があり、世界の多くの問題について…
  • 報道官
    米日は釣魚島・南中国海問題での誤った言説をやめよ
    外交部(外務省)の華春瑩報道官は18日、釣魚島(日本名・尖閣諸島)と南中国海の問題をめぐり米国と日本に対して責任ある態度を取り、誤った言説を発表することをやめ、地域の平和…
  • 一帯一路
    中国は「一帯一路」建設を5つの面から推進
    中国国家発展改革委員会は17日、今後次の5つの面から「一帯一路」(the Belt and Road)建設を推進する方針を明らかにした。(1)「一帯一路」国際協力サミットフォーラムの各成果…
  • 中米関係
    習近平国家主席が米統合参謀本部議長と会談
    習近平国家主席は17日、ダンフォード米統合参謀本部議長一行と人民大会堂で会談した。習主席は「中米は地域と世界に重要な影響力を持つ大国、世界第2・第1のエコノミーとして、世界…
  • 報道官
    外交部、中比は南中国海を平和・友情の海にできる
    中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は16日の定例記者会見で「中比両国には南中国海を平和・友情・協力の海に真に変える知恵と能力が必ずあると中国側は信じる」と述べた…
  • 731部隊
    中国侵略日本軍の戦争犯罪を暴く 日本の識者が加害の歴史を省察
    日本の降伏日「8月15日」を迎えるにあたり、NHKはドキュメンタリー『731部隊の真実』を放送した。史料と当事者の証言を通じて、動かぬ証拠によって中国侵略日本軍の戦争犯罪を暴く…
  • 平和集会
    靖国参拝をやめない日本に未来を語れるはずはない
    1945年8月15日、日本は無条件降伏し、世界反ファシズム戦争は最終的に勝利した。どのように8月15日に向き合うのかは、日本にとって正しく歴史に対することができるか否か…
  • 報道官
    歴史の真相を暴く日本の識者の勇気を賞賛
    外交部(外務省)の華春瑩報道官は15日の定例記者会見で「中国側は歴史の真相を暴く日本の識者の勇気を賞賛する。日本側が国内外の正義の声に真剣に耳を傾け、侵略の歴史を正しく…
  • 靖国参拝
    専門家 靖国参拝は世界への公然たる挑発
    今年の8月15日は日本の敗戦72周年記念日だ。15日午前、小泉純一郎元首相の息子である自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長、柴山昌彦総裁特別補佐、日本のこころの中山恭子代表ら政界要人が…
  • 恒久平和
    歴史を直視して初めて恒久平和へ向かえる
    日本の無条件降伏発表から8月15日で72年になる。日本にとっても、かつて侵略戦争で傷つけられた国にとっても、この上なく重要な日だ。中国抗日戦争の歴史的貢献の研究、戦争犯罪行為…
12345次のページへ
アーカイブ  
バック·ナンバー  
·2006年 ·2005年
·2004年 ·2003年
·2002年 ·2001年
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号