中文 | English | Français | Deutsch | BR America
   
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治
  • 中央財経指導グループ
    習近平総書記「開放型経済の新体制構築を加速」
    習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)は17日午後、自らがトップを務める中央財経指導グループの第16回会議を招集し、投資・市場環境改善、対外開放拡大の問題を…
  • 中国
    世界を啓発する中国
    中国共産党第18回党大会以来の習近平総書記による一連の重要談話は、鮮明な理論観点、深い思想内容を備えるだけでなく、豊かな考え方と取り組み方を包含している。これらの科学的方法は…
  • 金融政策会議
    習近平総書記「経済と金融の好循環・発展を促進」
    習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)は14、15両日の金融政策会議で次のように指摘した。人民日報が伝えた。金融は国の重要なコア・コンピタンスであり、金融の安全性…
  • 安倍首相
    安倍内閣の支持率急落で起こる「ドミノ現象」
    東京都議会議員選挙で自民党が惨敗した後、安倍内閣の支持率は下がり続けている。最新の世論調査によると、第2次安倍内閣で最低の29.9%まで落ち込み、危険域に入った。このままいくと…
  • 南中国海
    南中国海にプラスのエネルギーを
    フィリピン外務省が12日、いわゆる南中国海仲裁裁判の裁決から1年にあたり発表した声明に各方面は注目した。アキノ氏率いるフィリピン前政権が仲裁裁判を一方的に提起し、不法かつ無効な…
  • 習近平
    習近平国家主席「中国カナダ関係の前向きな発展を推進」
    習近平国家主席は13日、カナダのジョンストン総督と釣魚台迎賓館で会談した。人民日報が伝えた。習主席は「近年、中国カナダ関係は全体的に良好な発展基調を保ち、両国民に確かな利益…
  • 中国
    事実を顧みぬ「中国責任論」の誇張
    最近、米日などは「朝鮮核問題の解決のために、中国は影響力を十分に発揮し、一層の責任を担い、一層の役割を果たし、一層の措置を講じ、対朝圧力を強化すべきだ」と呼びかけている…
  • 外交部
    外交部、南中国海の領土主権と海洋権益を断固維持
    外交部(外務省)の耿爽報道官は12日の定例記者会見で「中国は南中国海における領土主権と海洋権益を断固として維持すると同時に、終始直接関係する当事国との交渉や協議を通じた争い…
  • 安部内閣
    「危険水域」に近づく安倍内閣の支持率
    日本の大手メディア複数が先日実施した世論調査で、安倍内閣の支持率が急落し、第2次政権発足以来最大の危機に直面していることが分かった。人民日報が伝えた。読売新聞が10日付一面トップ…
  • 駐米大使
    崔天凱駐米大使「良好な中米関係はわれわれの求める最大の結果」
    中国の崔天凱駐米大使は10日にワシントンで行われた第7回中米民間戦略対話に出席した際「全体的に良好な中米関係はわれわれの求める最大の結果であり、一時・一事の結果は中米の長期関係と…
  • 安倍首相訪欧
    安倍首相が今回の訪欧で目指す狙いとは
    日本の安倍晋三首相は欧州6ヶ国歴訪のため、現地時間5日午後にベルギーに到着した。今回の1週間にわたる訪欧は過密スケジュールが組まれている。時事通信によると、安倍首相は…
  • 耿爽報道官
    外交部、朝鮮半島核問題の「中国責任論」をやめるべき
    外交部(外務省)の耿爽報道官は11日の定例記者会見で「最近朝鮮半島核問題でいわゆる『中国責任論』を誇張し、際立たせる声がある。こうした人々は朝鮮半島核問題に対する全面的…
  • 中日関係
    転換期の中日関係を理性的に受け止める
    中国の台頭が中日関係に与える影響は非常に深く、中日のパワーバランスの変化は日本に大きな衝撃を与えている。ここ数年、日本は絶えずトラブルを引き起こし、中日関係の守る…
  • ドイツ・ハンブルクで開催されたG20サミット
    中国はグローバル化の守護者に
    ドイツ・ハンブルクで開催されたG20サミットにはテーマが2つあった。1つは相互に連結された世界の形成、もう1つは気候変動に関する「パリ協定」の支持である…
  • 習近平国家主席のG20サミット出席
    習近平国家主席のG20サミット出席、G20協力を維持・推進
    中国の習近平国家主席は3~8日、ロシアとドイツを公式訪問したほか、ハンブルクでG20サミットに出席した。王毅外交部長(外相)は「習主席は各国と共に、ハンブルク・サミット…
前のページへ12345次のページへ
アーカイブ  
バック·ナンバー  
·2006年 ·2005年
·2004年 ·2003年
·2002年 ·2001年
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号