中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
ロンリープラネットが「世界グルメ体験ランキング」発表
  ·   2018-08-20
タグ: グルメ;旅行;社会
印刷

旅行ガイドブック「ロンリープラネット」の新刊書「アルティメット・イート・リスト」に、このほど世界のグルメ体験トップ500ランキングが掲載された。香港地区の点心が世界グルメ体験の第10位にランクイン。また、北京グルメの北京ダックも世界グルメ体験トップ20入りを果たし、第19位だった。海外メディアの報道を引用して中国新聞網が伝えた。

報道文章の概要は次の通り。

ロンリープラネットの旅行専門家は、食品の味と食事を取り巻く雰囲気も加味し、世界グルメ体験トップ500を選出。同時に、各グルメ体験の背後にある文化についても触れ、独特な個性を持つにいたった原因について解説している。

第1位 

スペインのサン・セバスティアンで食べる前菜料理「タパス(またはピンチョス)」が、世界グルメ体験トップ500の首位に。ロンリープラネットは、「観光客は、長い昼寝のあと、夜9時ごろ出発し、タパスを出すバーを探すことが、ベストなグルメ体験となるだろう」と提案。

第2位 

マレーシア・クアラルンプールで食べる「ラクサ(カレー味の麺料理)」。「観光客はナイトバザールを訪れ、客が最も長い列を作っている麺料理屋を探し、ラクサを試すように」と提案。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: