中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
江西省銅彫刻技術 産業発展の中で伝承
  ·   2018-03-23
タグ: 無形文化遺産;江西;社会
印刷

黄俊軍さん(50歳)は無形文化遺産である江西省銅彫刻技術の伝承人である。伝統的な金属彫刻技術の継承と向上を基盤とし、2012年に貴渓市で江西中鼎金属工芸有限公司を創立し、伝統的手工芸を製品へと変えた。現在までに、同社は3大シリーズ400種類以上の金属彫刻の工芸品を開発し、数百人が修行する金属彫刻技術の伝習拠点を設立している。(写真は全て新華社の宋振平記者が撮影)

江西中鼎金属工芸有限公司で従業員に銅彫刻技術を教える黄さん(右から3番目)

江西中鼎金属工芸有限公司で自身の作品を紹介する黄さん

123次のページへ
江西省銅彫刻技術 産業発展の中で伝承--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: