中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
「川北涼粉」四川の香りを多くの人へ
  ·   2017-09-14
タグ: 無形文化遺産;四川省;社会
印刷

李華さん(42歳)は四川省の無形文化遺産である「川北涼粉」(緑豆などから作られたところてんに似た食べ物)の伝承人だ。李さんは18歳の時に四川省南充市の「川北涼粉」屋で働き始め、店の5代目の何碧玉さんに師事し、7年間勤め上げた。1998年に店が閉店することになり、24の工程から作られる「川北涼粉」を伝承していくために、李さんは創業したのだ。 

夫の支持の下、蘭渝鉄道(蘭州市-重慶市)、高速道路、インターネットなどの力を借り、李さん夫婦は「川北涼粉」を中国の18省・自治区・直轄市で販売し、直営店およびチェーン店合わせて197店舗を開き、年間売り上げ36300万元を達成した。李さんの今後の目標は、四川の伝統的グルメである「川北涼粉」を世界中に届けることだ。(写真は全て新華社の李潺記者が撮影)

「川北涼粉」

12345次のページへ
「川北涼粉」四川の香りを多くの人へ--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: