中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
「点米画」で七夕を祝う
  ·   2017-08-28
タグ: 無形文化遺産;七夕;社会
印刷

七夕(旧暦77日、今年は828日)を目前に控えた827日、広西チワン族自治区南寧市邕寧区蒲廟鎮孟蓮村那蓮街では年に一度の「賽巧節」が開催された。「賽巧節」で観光客に注目されたのは「点米画」。「点米画」とは米や粟などの穀物を材料として制作される工芸品で、広西チワン族自治区の無形文化遺産だ。那蓮街の家々の門の前では、誠心誠意制作された「点米画」、果物、ビスケット、砂糖菓子などがテーブルに並べられ、織姫と彦星のカササギ橋での逢瀬が祝われた。(写真は全て新華社の陸波岸記者が撮影) 

「点米画」などが並べられたテーブル 

1234次のページへ
「点米画」で七夕を祝う--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: