中文 | English | Français | Deutsch | BR America
北京週報日本語版微博
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
ビッグデータで解明!ユーロ2016中国人サポーターの「日常」は?
  ·   2016-07-08
タグ: サッカー;ユーロ;社会
印刷

ユーロ(欧州サッカー連盟:UEFA欧州選手権)2016もいよいよ大詰めを迎え、決勝進出の2チームが出そろった。新華社客戸端はこのほど、百度地図、百度輸入法(入力ソフト)、百度外買(テイクアウト)と共同で、ビッグデータを利用して、大会開催中の中国人サポーターの「日常」を分析した。身近にいる「理解に苦しむ」サポーターが、この1カ月をどのように過ごしたのか、一緒に見てみよう。新華社が伝えた。

○試合開始時刻が来ると自然に目が覚め、コーヒーは片時も手放せない。

百度地図の統計データによると、「ユーロ2016を観戦したことがある」と答えたユーザーは全体の68.4%に達した。うち男性は87.3%、女性は12.7%をそれぞれ占めた。

年齢層別にみると、サポーターのうち、25歳から34歳が32.2%、35歳から44歳が27.5%をそれぞれ占め、これら2つの年齢層が、ユーロ2016を観戦する主なサポーターであることが分かった。

ユーロ2016を観戦するユーザーのうち、ドイツチームのサポーターが過半数に達し、今大会で最も注目されるチームとなった。サポーターの間で最も多く取り上げられた話題は、「ペナルティキック」と「終了間際の決勝ゴール」だった。

123次のページへ
ビッグデータで解明!ユーロ2016中国人サポーターの「日常」は?--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: