中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
サッカー選手だけじゃない!W杯開催中、大忙しの職業とは?
  ·   2018-06-26
タグ: サッカー;職業;経済
印刷

ザリガニソムリエ・曲雲瀟さん 

ザリガニを食べて、ビールを味わい、サッカー観戦をするといったように、6月はサッカーファンにとってまさにカーニバルなひと月だといえるだろう。しかし一部の人々にとっては、W杯が開催される6月はとんでもなく忙しい1ヶ月となる。そして多くの職業が意外にもW杯によって人気を集めるようになっている。例えば、残業して深夜までザリガニを「食べ続ける」ザリガニソムリエやフォロワーが急増したスポーツ系の淘宝のライブ配信パーソナリティー、そして月給1万元(約16万9千円)超えのデリバリー配達員などだ。北京晨報が伝えた。

毎日平均1キロのザリガニを食べるザリガニソムリエ 

湖北省潜江市のあるザリガニ加工場で、山東省出身の女性の曲雲瀟さん(25)は、毎日休むことなくザリガニの皮をむいて、味見し、ザリガニの形や色合い、食感、辛さをロットごとに記録している。そんな彼女はプロの「ザリガニソムリエ」だ。

天猫(Tmall)のスタッフによると、W杯開催期間はザリガニの消費量が激増するとしており、最新データによると、天猫、盒馬、口碑、Elemeなどのプラットフォームですでにザリガニ1億匹以上を売り上げている。

ザリガニソムリエはザリガニを毎日平均で1キロ食べ、多い日は2.5キロに達する。そして工場は翌日2時まで残業することが多いという。

曲さんの会社にはプロのザリガニソムリエが約50人在籍しており、年収は最高で60万元(約1017万円)に達する。現在、同社は生産能力を拡張しており、ザリガニソムリエを急募中だ。しかし同社は、一人前のザリガニソムリエは調理方法から品質管理、サプライチェーンなどの各サイクルを理解する必要があり、このような人材はなかなか見つかりにくいとしている。

体内時計をロシア時間に合わせる淘宝のライブ配信パーソナリティー 

深夜になり、淘宝のライブ配信パーソナリティーの李■さん(■は王へんに聿)はようやくライブ配信1本を終わらせた。スポーツ系の淘宝のライブ配信パーソナリティーとして、李さんは早いうちから体内時計をロシア時間に調整し、全てのライブ配信の時間をW杯の試合日程に合わせている。

李さんは、練習場でサッカー選手と一緒にW杯の生中継を見ながら、淘宝のライブ配信を視聴するファンに試合内容を解説したり、勝敗を予測したり、ファン向けにおすすめのスポーツ設備やスポーツグッズなどを紹介したりしている。

W杯開催期間中、サッカーボールやユニフォームなどのW杯関連商品のネット上での売上は急速に伸びている。天猫のある店主によると、5月から関連商品の売上がすでに倍近く増加しており、ドイツやフランス、アルゼンチン、スペインなどの代表チームのユニフォームが人気商品となっているという。また、W杯に出場していないイタリア代表チームのユニフォームも人気で、中国代表チームのユニフォームの売上までも増加しているという。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: