中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中国における外国企業投資ガイドライン >> 本文
2016年における中国の外資導入状況
  ·   2017-01-20
タグ: 外資導入;対中投資;経済
印刷

2016年、中国の実行ベース外資導入額は前年同期比4.1%増の8132億2000万元に達した。全国の外資導入は次の特徴を示している。

一、全国の外資導入規模は全体的に安定を維持

2016年、全国の新たに設立された外資企業は同5%増の2万7900社、実行ベース外資導入額は同4.1%増の8132億2000万元に達した(銀行・証券・保険分野のデータは含まず、以下同じ)。

二、ハイエンド産業への投入傾向が続く

サービス業の実行ベース外資導入額は同8.3%増の5715億8000万元で、外資導入額全体の70.3%を占めた。そのうち、情報、コンサルティングサービス業、コンピュータアプリケーションサービス業、総合的技術サービス業、流通サービス、小売業などの実行ベース外資導入額はそれぞれ同59.8% 112.8%、66.4%、42.9 %、83.1%増加した。ハイテクサービス業の実行ベース外資導入額は同86.1%増の955億6000万元に達した。

製造業において、医薬品製造業、医療機器製造業、計器・器械製造業の実行ベース外資導入額はそれぞれ同55.8%、95%増加した。ハイテク製造業の実行ベース外資導入額は同2.5%増の598億1000万元に達した。

三、「制度改革ボーナス」が引き続き顕在化

①上海、広東、天津、福建の4つの自由貿易試験区の実行ベース外資導入額は同81.3%増の879億6000万元に達し、10万分の5の国土面積で全国の実行ベース外資導入額の10.8%を占めた。

②10月に外資企業に対する管理制度が審査・許可制から届出制に移行してから、95.3%の外資企業の設立・変更は届出制で実施されるようになり、外国企業の投資利便化が図られた。

③北京市のサービス業開放拡大総合試行改革で顕著な成果が得られ、全市のサービス業実行ベース外資導入額は全国の13%を占めた。

12次のページへ
2016年における中国の外資導入状況--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: