中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
外資導入と対外投資の「ダブル減少」をどう見るか?
  ·   2017-08-04
タグ: 外資導入;対外投資;経済
印刷

商務部がこのほど発表したデータによると、今年上半期、中国の実質外資利用額は4415億4000万元で前年同期比0.1%減、対外累計投資額は481億9000万ドルで前年同期比45.8%減となった。外資導入と対外投資の半期データの両方に減少が見られたことで、一部に疑念と議論が生じている。しかし、データ変化の特徴を入念に分析してみると、金額は減少したが、業界構造の最適化という顕著な特徴を示していることが見えてくる。 

まず外資導入のデータを見てみると、今年上半期、中国の実質外資利用額は前年同期比0.1%減で、その減り幅は限られている。それと同時に、全国の新規設立外資企業は1万5053社で、前年同期比で12.3%増加した。上半期の外資導入における際立った特徴は金額上の変化よりも構造の最適化として表れており、外資のハイエンド産業集中状況が非常に顕著である。

(1)製造業の外資導入が増加した。データによると、1月~6月、製造業の実質外資利用額は前年同期比3%増の1286億元で、全国外資導入総量のうち29.1%を占めた。そのうち、石油化学工業やコークス製造、核燃料加工業の実質外資利用額は前年同期比で329.4%増、化学原料と化学製品製造業の実質外資利用額は前年同期比で38.4%増となった。

(2)ハイテク産業の外資導入が好調に推移した。ハイテク製造業の実質外資利用額は349億7000万元に達し、前年同期比で11.1%増加した。ハイテクサービス業の実質外資利用額は647億2000万元で、前年同期比で20.4%増となった。

(3)主要な投資元国・地域がより集中した。1月~6月、投資元国・地域のうちトップ10を占める経済体の実質投資総額は4200億9000万元で、全国実質外資利用額の95.1%を占めた。そのうち、香港地区、台湾地区、日本の実質投資額が比較的急速に増加しており、前年同期比でそれぞれ10.0%増、48.4%増、5.4%増となった。

12次のページへ
外資導入と対外投資の「ダブル減少」をどう見るか?--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: