中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
南京に暮らす日本人たちの生き様(二)
  ·   2017-01-22
タグ: 南京;日本人;中日交流
印刷

2016年12月13日午前9時58分、石川果林さんは、教室で大学日本語学科学生の試験答案を添削していた。答案用紙は山積みになっていた。2分後、耳をつんざくような大きなサイレンが鳴り響いた。(文:中国青年報 蘭天鳴)

彼女は、この都市の痛ましい記憶が詰まった記念館から14キロメートル離れた場所にいた。デルタ地帯にある中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館の形は、軍刀の刃先のような形をしており、莫愁湖観光区の方を指しており、同時に80年前のあの大惨事についてを表している。それはまるで、音無き「サイレン」のようだ。

サイレンの音を聞いて、彼女はようやく、この日が南京大虐殺犠牲者国家追悼日であることを思い出した。最初、彼女の心に思い浮かんだのは自分の子供のことだった。いつもこの日が訪れると、話すときに小声で、耳の下で巻き髪にした、やや青白い顔をしたこの母親は、学校に電話して、子供たちと一緒に家の中で過ごすことにしていた。だが、彼女はすぐに我に返り、「ここ何年も、何も起こっていないわ」と自分に言い聞かせた。60秒間の長いサイレンが鳴りやむと、授業の始まりを告げるベルが鳴り響いた。

石川さんは南京で暮らして17年になる。3人の子供がいて、うち2人は中国籍を持っている。中国では子どもは2人まで生めるとしているため、もう1人は日本籍になった。ここ数年、彼女はますます孤独感を募らせている。彼女のように中国人のもとに嫁いだ日本人女性の中には、嫁姑関係がうまくいかず離婚した人がいる。また、子供の教育のために日本に帰国した人もいる。彼女の周りに残った知人・友人は、ほんの2、3人となった。

「『南京人は日本人が好きではない』-こう思っている日本人は多い。だから、子供や妻をつれて南京に住んでいる人は極めて少ない。多くの日本人が、上海、蘇州、無錫で仕事をすることを好む傾向にある」彼女はこのように話した。

123次のページへ
南京に暮らす日本人たちの生き様(二)--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: