中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
顧客争奪目指し、日本の回転寿司がハンバーガー販売へ
  ·   2019-03-20  ·  ソース:人民網
タグ: 飲食;若者;経済
印刷

激しい顧客争奪戦を繰り広げる日本の回転寿司業界は今年も、新メニューを続々と打ち出している。回転寿司店でケーキやラーメンを食べるというのは、もう珍しいことではなくなっており、日本の「くら寿司」は今月から、ハンバーガーの販売にも乗り出している。

「KURA BURGER」という名のこのハンバーガーは、フィッシュとミートの2種類あり、具材を挟むパンは米粉のもっちりとした食感。価格は250円だ。今月から「くら寿司」の400店以上の店舗で販売されている。

ある客は、「お寿司はあっさりしているので、単調になってきた時に、ハンバーガーを食べると味を変えることができて、とてもいい」と話した。

近年、若者の嗜好にはますます大きな変化が生じており、刺身を食べなくなっていることから、回転寿司業界は客の流失危機に直面しており、新メニューを増やして消費者を呼び込むことが必須となっている。また、1匹の魚のうち、刺身にできる部分は4割ほどで、その他の部分を使ってハンバーガーを作ることができれば、無駄を減らすこともできる。

「くら寿司」の責任者は取材に対して、「寿司業界のコストは飲食業界の平均水準より高く、いかにコストを削減して利益を確保するかがカギとなっている」と述べた。

「くら寿司」の広報担当者・辻明宏さんは、「ハンバーガーを開発したことで、魚の骨まで使うことができるようになり、原材料の無駄を完全になくすことができた。これは、利益を伸ばすことにつながる。今後は、1ヶ月100万個の販売を目指す。現在、売れ行きは好調で、目標達成が期待できる」と話した。

日本の回転寿司業界の市場規模は約6300億円で、大型チェーン店は、規模の大きさを武器に年間平均約4%のペースで成長している。ただ、市場の競争は非常に熾烈で、回転寿司店が畑違いのハンバーガーを販売することで、コスト削減ができるだけでなく、商品のラインナップを増やすことができ、市場シェアも伸ばすことができると期待されている。(編集KN)

「人民網日本語版」2019年3月20日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: