中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
北京の飲食店、QRコードスキャンによる「チップ」制導入
  ·   2017-05-09
タグ: 飲食;QRコード;社会
印刷

「ネットで紅包(ご祝儀)」が盛んになるにつれ、北京の一部飲食店では、「QRコードをスキャンしてチップを渡す」制度がひっそりと導入されつつある。これらの飲食店の従業員は、二次元バーコード(QRコード)の入ったネームプレートを胸につけている。顧客が、彼らのサービスが良いと感じた時、あるいは食事が美味しかった時、スマホを取り出して従業員のネームプレートのQRコードをスキャンすることで、その従業員にチップを出すことができる。チップの額は3元(1元は約16.3円)から5元の場合が多い。この制度について、「QRコードをスキャンすることは、従業員のサービスを評価することになる」と肯定する人がいる一方で、「このようなやり方によって、客は、見えない形で、チップを支払わなければならないというプレッシャーを受ける。それに、中国の飲食サービス従業員は、チップを収入の一部とはみなしていない」と、反感を示す人もいる。北京晩報が伝えた。

南京大排档・望京凱徳店のテーブルには、顧客が微信(Wechat)を使って従業員にチップを渡すための「チップ・カード」が置かれている。チップの額は3元。チップを出した客には、額面10元の電子金券が贈呈される。メディア報道によると、これまで同店は、従業員が顧客からチップを受け取ることを禁じていた。その後、従業員がより積極的にサービス向上に努めるよう、店側は全従業員にQRコードを配布した。従業員がQRコードによって客から受け取ったチップは、月末にまとめて店側から支給される。また、店側は関連規定を新たに設けた。従業員が1ヶ月以内に同じ客から9回以上チップを受け取った場合、店側はやらせ行為がなかったかどうか細かい調査を行い、やらせ行為であることが分かれば、当月のチップと評価資格は取り消される。

西貝蓧面村の従業員は、「店は半年前にQRコードによるチップ制度を導入した。お客様は、従業員のほか、調理師にもチップを渡すことができる。1ヶ月のチップ総額が3千元を上回った従業員もいる」と話した。

12次のページへ
北京の飲食店、QRコードスキャンによる「チップ」制導入--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: