中文 | English | Français | Deutsch | BR America
北京週報日本語版微博
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
伝統飲食業の発展推進で強力な味方となる「軽食の調理規範化」
  ·   2016-05-31
タグ: 飲食;料理;社会
印刷

「蝋汁肉(パンの中に挟む煮込み肉)を選ぶ際には、肉の厚みは4ミリメートル以下、脂身と赤身の割合は3.5対6.5にすること…」――。西安市品質技術監督局は25日、「肉挟○(食へんに莫)(中国式ハンバーガー)」「葫芦頭泡○(食へんに莫)(豚の大腸とパンのスープ)」「牛羊肉泡○(食へんに莫)(牛肉・羊肉とパンのスープ)」など5種類の西安伝統軽食(シャオチー)の調理技術規範を発表した。同規範は、2016年6月15日より施行される。経済日報が伝えた。

湖南料理・四川料理から揚州炒飯・西安中国式ハンバーガーに至るまで、各地の軽食が独自の基準を設けるケースはここ数年、増加の一途を辿っている。これについて賛辞する人がいる一方、「同一基準にもとづく調理によって軽食が同質化するのではないか」「ワンパターンに陥るのでは」といった疑惑の声も上がっている。

実際には、これらは「余計な心配」といえよう。各地で発表された軽食基準をざっと見渡したところ、食材、調理技術、補助材料・調味料など基本的なプロセスに対して規範となる指針が提示されているにとどまり、決して各店の「ユニークな魅力」が表現される空間が狭められた訳ではない。専門家は、「たとえば揚州炒飯を例にあげると、新基準では、『卵・肉・海産物を材料とする』『米粒の形がはっきりと識別できる』ことが指針として取り上げられている。つまり、『卵』『ごはん』『具』という3大要素が揃っていればOKという訳だ。各店は、お米の種類や食材の選択、風味や形に改良を加えてバリエーション・革新を実践できる。さらに重要なことは、軽食規範はあまねく、地方が推薦する基準であり強制性はないという点で、軽食に方向性を示すにとどまり、決定的な役割を果たすことはあり得ない」と指摘した。

よって、軽食規範は、伝統飲食業の発展推進のための強力な味方だといえる。消費者の立場から言えば、楊州炒飯や中国式ハンバーガーの基準は、眼に見え、手で触れることができる基準であり、これらの伝統グルメについて消費者がよりダイレクトで深い理解を得るのに役立つ。また、基準にある「米粒がキラキラ光り透明感があり明るい」「最低3個の卵を使用する」などの細かな取り決めは、市場で量をごまかすなど消費者の権益を損ない得る一部店舗の行為を抑制する作用もある。

12次のページへ
伝統飲食業の発展推進で強力な味方となる「軽食の調理規範化」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: