中文 | English | Français | Deutsch | BR America
北京週報日本語版微博
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
不眠症は飲食習慣と関係あり 寝る前に食べてはいけない食べ物
  ·   2016-04-29  ·  人民網
タグ: 飲食;睡眠;社会
印刷

読者の「睡眠の質」は高いだろうか。夜になると眠れず、昼間に眠気に襲われる状況に困っていないだろうか。その原因は、飲食習慣にあるのかもしれない。次に挙げる食べ物は、寝る前に摂取するのを避けた方が良い。中国経済網が報じた。

米国人研究者の研究によると、脂質分の高い食べ物をよく摂取する人は、昼間に眠気に襲われやすく、外部への反応の敏感度もダウンする恐れがあるという。

●辛い食物

研究によると、夕食に辛いものを摂った場合、熟睡時間が減少する・なかなか寝付けず頻繁に寝返りを打つなどの現象が脳波モニターで観測された。また、最初の睡眠サイクル中に体温が上昇することで、睡眠の質の低下を招く。

1234次のページへ
不眠症は飲食習慣と関係あり 寝る前に食べてはいけない食べ物--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: