中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
外国人が中国の小説に夢中になっているワケは?
  ·   2018-10-30
タグ: 小説;コンテンツ創作;文化
印刷

SF、ミステリー、推理、武侠、ネット玄幻小説といった中国の小説が今、西洋で人気となっており、各種売れ筋ランキングの首位に立っている。著名な学者である中国社会科学院の研究員・張暁明氏は、「外国人が中国の小説に夢中になるという現象は、純文学において起きているだけでなく、通俗文学でもトレンドとなっている。インターネットの登場により、情報伝達の方法だけでなく、創作スタイルも変化した。インターネット上で成長した創作者は、グローバル化した市場に対する適応力が高い」との見方を示す。北京晨報が報じた。

インターネットが作者と世界中の読者を直接つなぐ時代 

「風声」、「射雕」、「三体」、「盤龍」など、多くの中国の小説が今、欧米の図書売れ筋ランキングにランク入りしている。インターネット上では、中国ネット小説の翻訳や連載がトレンドとなり、関連サイトが次々に開設されて、多くの若者の間で人気となっている。また翻訳や中国作品の掲載、中国の小説を模倣した作品などが、新たなトレンドとなっている。

張氏によると、「インターネットによる発信と、伝統的な発信の仕方は全く違う。以前は、本一冊でも、作者、出版社、書店などの一連の複雑なプロセスを経てやっと日の目を見、その後、出版権のやり取りや翻訳などを経て、外国の読者の手元に届いていた。その過程は非常に長く、ある本が注目されても、それが外国語で出版される時には、多くの人はその本をすでに忘れているということが多かった」という。

一方、ネットによる発信はそれとは異なり、そのプロセスを大幅に短縮することができる。張氏によると、「特にネット小説は、融通が利き、一章書き上げれば、すぐにそれを投稿することができ、中国語と外国語の同時投稿も問題なくできる。そして、読者と随時コミュニケーションを取ることもできるため、毎回読者の『チェック』を受けることができる。不評だった場合はすぐに調整することができる。技術的問題は何もない。そのようなスタイルは、読者のニーズにうまく合わせることができる。それが、中国の読者のニーズであっても、外国の読者のニーズであってもだ」と説明する。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: