中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
誤った歴史観に抗議殺到!中国侮辱した日本のライトノベルが出荷停止に
  ·   2018-06-11
タグ: 小説;漫画;社会
印刷

最近、中国を侮辱するキャラ設定に加えて作者がSNSでの中国に対する問題発言が原因で、日本のライトノベル「二度目の人生を異世界で」が物議をかもしている。「朝日新聞」の記事によると、「二度目の人生を異世界で」の出版元のホビージャパンは、全18巻の出荷停止を決めた。また、10月から放送開始予定だったアニメ「二度目の人生を異世界で」の主要キャスト声優4人も、公式サイトで相次いで降板を発表したほか、製作委員会も公式サイトでアニメ化中止を発表した。環球時報が報じた。

「非人道的な小説」

「二度目の人生を異世界で」は第二次世界大戦中、主人公の功刀蓮弥が、中国で3000人以上を虐殺したにもかかわらず、何の処罰も受けず、94歳で亡くなった後に異世界に転生。また「剣術」を活用して、多くの女性の心を鷲掴みにし、人生の成功者となる。作者のまいん氏は過去に、ツイッター上で、韓国や中国のことを「姦国」、「虫国」などと記し、「姦国の猿はほんとにシツケが悪いなぁ」と書き込むなど、中国や韓国に対する差別的な発言を投稿していた。

そのような投稿に、中日のネットユーザーから非難の声が上がっていた。アニメと作者のツイッター公式アカウントは中国のネットユーザーの非難の的となり、「日本は歴史を正視するべきだ」という声が寄せられている。電子掲示板・2ちゃんねるでは、1万人以上がこの議論に参加している。ある日本のネットユーザーは、「日本は、口先では『平和を望んでいる』と言いながら、こんな非人道的な小説を出版している」との声を寄せている。

「日刊スポーツ」は、「主人公の設定に事実誤認がある」と伝えた。アニメ版の功刀蓮弥の声を担当する予定だった声優・増田俊樹のほか、山下七海、中島愛、安野希世乃らもツイッターで降板を発表した。また、まいん氏もツイッターで何度も謝罪し、「内容を精査する」としたほか、ツィートを全削除してアカウントも閉鎖する予定であるとしている。

12次のページへ
シェア:
誤った歴史観に抗議殺到!中国侮辱した日本のライトノベルが出荷停止に--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: