中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
憲法改正案が圧倒的多数で採択、人民共通の心の声を体現
本誌評論員 蘭辛珍  ·   2018-03-13
タグ: 全人代;憲法;政治
印刷

党と国の事業発展を体現するこれらの新成果・新経験・新要求を憲法に記載し、圧倒的多数で採択されたことは、新時代という大きな背景の下で、中国の特色ある社会主義の堅持・発展、「2つの百年」奮闘目標と中華民族の偉大な復興という中国の夢の実現に力強い憲法保障を提供することに対する人民の高い評価をはっきりと表している。

憲法改正案の圧倒的多数での採択は、中国共産党指導下の国家ガバナンス体系に対する人民の高い評価を示している。中国共産党の全面的指導の充実化と堅持・強化、全面的な法に基づいた国家統治と憲法実施の改善、平和外交政策の調和的改善、国家主席任期規定の改正・改善、監察委員会関連規定の追加など、今回の憲法改正案は計21条からなり、そのうち中国共産党指導下の国家ガバナンス体系に対する改善・充実化に大きな紙幅が割かれた。これは中国共産党の法に基づいた国家統治と憲法に基づいた国家統治の堅持を具現化したものだ。憲法は国家根本法という形で、執政党である中国共産党が中国人民を指導して革命・建設・改革を行う偉大な闘争と根本的地位、成果を確認した。中国共産党は発展情勢に基づいて時代とともに前進し、国家ガバナンス体系を改善した。特に人民が注目する公権力の監督などの内容を憲法に記載したことは、自己革新し、自己改善し、人民を信頼し、人民に奉仕するという中国共産党の公明でおおらかな気風を表している。全人代代表らは圧倒的多数での採択という方法でこれを支持し、賞賛したのである。

憲法は人民の憲法であり、民心は最大の政治である。憲法改正案の圧倒的多数での採択は大勢の赴くところであり、事業が必要とし、党と民心が向かうところであると同時に、中国共産党が自身の力強い指導を堅持する中で、法定手続きを遵守し、十分な民主を発揚していることを示しており、憲法改正案に全党の意志を体現させ、人民の心の声を反映させ、時代の要求に順応させた。この過程自体が憲法の精髄の体現なのである。

「北京週報日本語版」2018年3月13日

前のページへ12
憲法改正案が圧倒的多数で採択、人民共通の心の声を体現--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: