中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
「国会解散強行はスキャンダル逃れ」日本の野党党首が安倍氏を強く非難
  ·   2017-10-09
タグ: 安倍政権;自民党;政治
印刷

日本の主な野党の党首は8日、安倍政権による新安保法と改憲の企てを批判。スキャンダル逃れのために国会解散を強行したと安倍氏を強く非難したうえ、今回の選挙で安倍政治の「暴走」を阻止するよう国民に呼びかけた。新華社が伝えた。

日本の衆議院選挙は10日公示。各党の党首は8日、日本記者クラブの公開討論に出席した。自民党総裁の安倍晋三首相は同日も引き続き朝鮮の脅威を煽り立て、今回の選挙は朝鮮問題及び日本の高齢化問題、少子化問題を突破するためだと述べた。だが、森友学園問題、加計学園問題に関する野党党首の質問には正面から答えず、国会解散による総選挙の前倒しは、スキャンダルから逃れて政権を延命する保身の術に過ぎないと批判された。

日本共産党の志位和夫委員長は、第2次安倍政権の5年間の全ての行いを振り返ると、安倍政権のように憲法を蔑視し、民意を踏みにじったうえ、権利を私物化した政権はないと指摘。今回の選挙は国民が安倍政権に審判を下し、安倍政治の「暴走」を阻止する絶好の機会だとした。

社民党の吉田忠智党首は、新安保法の施行により集団的自衛権の行使が容認され、日米の軍事的一体化が強まる中、ひとたび自衛隊を憲法に盛り込めば、日本は戦争に巻き込まれるリスクがあると指摘した。

枝野幸男元官房長官は、立ち上げ間もない立憲民主党の代表に就任した。枝野氏は、安倍政権のように国と国民の命運を個人が勝手に決めるやり方は民主政治では断じてないと指摘した。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年10月9日

「国会解散強行はスキャンダル逃れ」日本の野党党首が安倍氏を強く非難--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: