中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
「中等国」こそが日本の「歴史的常態」
馮昭奎  ·   2017-08-25
タグ: 安倍政権;日本;政治
印刷

先ごろ、米国『ニューズウィーク』日本版の最新刊に「日本を待ち受ける2つの未来」と題する記事が掲載された。そこには次の3つの考えさせられる観点が示されていた。第1に、中国こそが地域の超大国であって、日本はその周辺にある中等国であるというのが1000年来の東アジアの「常態」だった。第2に、日本が優位に立ったのは中国のアヘン戦争以降約100年余りの間だけで、長い歴史から見てほんの一時のことだった。第3に、最近の30年間を通じて日本の優位性はなくなり、「常態」が戻りつつある。この記事が発表されると、たちまち日本メディアや世論から注目された。日本は意識を正すべきなのだろうか?

筆者は、この3つの観点は非常に「事実に基づき真実を求める」ものであると考える。実際、中国にも類似の観点を持ち、国土面積が世界62位、人口が世界11位の日本は「実際のところ中小国の『運命』しか持っていない」と考える学者もいる。ここでいう「運命」とは、つまり「歴史的常態」ということだ。

「日本が優位に立ったのは中国のアヘン戦争以降約100年余りの間だけで、それはほんの一時にすぎない」と書かれているが、日本の優位に立つ状態は明らかに「常態」ではない。周知の通り、1860年代、イギリスが第1次産業革命を成し遂げた後、さらに第2次産業革命に入り、独、仏、米なども次々に産業革命と技術革新の波に巻き込まれていった。こうしたことを背景に、日本は1868年から明治維新を開始し、「富国強兵」と「殖産興業」政策を推し進め、西側列強の植民地競争に加わった。

産業革命と技術革新という時代の潮流に追いつく上で、日本は「遅れて来た者」であると同時に、「後から来て先に立った者」でもあった。日本は「幸運にも」、産業革命と技術革新の機会を逸し、「大きいが弱い」隣国、中国を目にすることとなった。中国は「大きい」がゆえに、国土が狭く資源の乏しい日本の垂涎の的となり、中国は「弱い」がゆえに、産業国に後れを取った日本にも中国を「いじめてやろう」という野心を抱かせた。

総じて言うと、第1に「産業革命と技術革新」が起きたこと、第2に隣国中国が「大きいが、弱く、立ち遅れていた」こと(もちろん他のアジア諸国の弱小さも含まれる)が、日本が強大になるために必ずつかむべき「2つの機会」となった。機会をつかみ取る力が激しすぎたため、日本は明治維新以降100年余りの間に、勝利の頂から失敗の谷底へという激しい浮き沈みを経験した国の「典型」となった。

12次のページへ
「中等国」こそが日本の「歴史的常態」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: