中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
中国の婚姻率が5年連続で低下 晩婚と非婚はもはや時代のすう勢に?
  ·   2019-04-03  ·  ソース:人民網
タグ: 結婚;若者;社会
印刷

「大人になったら、男は嫁を娶り、女は嫁ぐもの」というのは一世代上の人々が子供たちを教育する際に「至言」としてきたが、この言葉は今や完全に覆されたようだ。中国新聞網が伝えた。

〇若者は結婚したがらなくなった? 

国家統計局と民政部(省)の統計データによると、中国全土の婚姻率が2013年から5年連続で低下している。

2013年が9.9‰だった中国全土の婚姻率は、2014年9.6‰に、2015年9‰、2016年8.3‰、2017年7.7‰、そして2018年は7.2‰まで下がり、2013年来の最低記録を更新した。

婚姻率には、地域間格差が顕著に見られ、経済発達地域ほどその婚姻率が低い傾向にある。

たとえば、2018年、婚姻率が全国で最も低い地域トップ2は、上海市(4.4‰)と浙江省(5.9‰)で、広東省、北京市、天津市の各地の婚姻率も比較的低かった。一方、婚姻率が高い地域は、西蔵(チベット)自治区、青海省、安徽省、貴州省などの経済的に立ち遅れた地域が多かった。同年、貴州の婚姻率は11.1‰に達した。

〇質の低い結婚よりも、質の高い独身 

しかし、これらのデータに、ネットユーザーは特に意外には感じなかったようだ。それどころか、多くの人々がこの結果に大変理解を示し、「今どきの若者はこだわっていない!」という考えだった。

晩婚や非婚を支持する理由として、多くのネットユーザーは、次のようなコメントを寄せている。

「結婚のためのコストが高すぎる!」

「結婚などせず、一人で生きていくほうが、ずっと自由で楽しい!」

「質の低い結婚は、質の高い独身には到底及ばない」

等々。

若者にとって、結婚はもはや生活する上での「必需品」ではなくなったことは明らかであり、それどころか、独身生活によってもたらされるメリットをもっと享受したいと考えているようだ。

123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: