中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
北京初の臨空国際免税城が2020年に首都国際空港近くに完成予定
  ·   2018-01-16
タグ: 空港;免税;社会
印刷

北京市順義区は2020年までに、首都国際空港に隣接する、T3ターミナルビルからわずか600メートルの場所に、北京で初めての「臨空国際免税城」を建設する計画だ。北京臨空国際免税城は、免税店やレジャー・文化体験施設、星付きホテル、ハイエンド・オフィスビルなど各業態を総合的に網羅する。また、T3ターミナルビルや都市間鉄道連絡線ターミナル、T2電車駅とのシームレス接続を実現する。北京青年報が伝えた。

免税城は、世界の各空港の周辺機能のうち最も重要な業態のひとつであり、北京も今後、臨空国際免税城を建設する予定。この免税城プロジェクトは、中国国旅股フン有限公司(フンはにんべんに分)と首都機場集団、順義区政府が共同で建設、投資総額は120億元(1元は約17.2円)、2020年完成の見通し。

プロジェクト担当者は、「免税城の地上部分建設面積は42万平方メートルに達し、免税・レジャー・文化体験・星付きホテル・ハイエンドオフィスビルなど様々な業態を網羅する。初期計画によると、駐車場の収容台数だけでも1万1千台が可能となる」と紹介した。

北京臨空国際免税城が完成すると、主な商業施設の年商は200億元に達し、周辺の産業をけん引し、消費額500億元を実現、将来的には1億元に達し、世界最大級の臨空商業総合体となる見込み。(編集KM)

「人民網日本語版」2018年1月16日

北京初の臨空国際免税城が2020年に首都国際空港近くに完成予定--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: