中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
「鯉魚餅」中秋節に彩りを添える
  ·   2017-10-04
タグ: 中秋節;風習;社会
印刷

中国で中秋の名月は一家団欒を象徴する。中秋節(旧暦815日、今年は104日)には家族が集まり、月餅など地域によって様々なものを食べて過ごす習慣がある。 

中秋節を間近に控え、福建省福州市では伝統的菓子「鯉魚餅」が販売シーズンを迎えている。福州市では中秋節に「鯉魚餅」を食べる風習があり、福州市の老舗「百餅園」は新しいタイプの「鯉魚餅」を作り出した。「五彩鯉魚餅」と名付けられたカラフルな「鯉魚餅」は、中秋節に花を添えている。(写真は全て新華社の宋為偉記者が撮影) 

「五彩鯉魚餅」を作っている様子

123次のページへ
「鯉魚餅」中秋節に彩りを添える--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: