中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
観潮、祭月、拝兎爺……中秋節の習俗
  ·   2017-10-04
タグ: 中秋節;習俗;社会
印刷

4日は中国の重要な伝統的節日の1つである中秋節。ランタン、月餅……街のあちこちでめでたい雰囲気を感じることができる。早くも魏晋時代に民間で中秋の月見が行なわれており、宋代になると夜市が夜通し開かれ、人々でにぎわっていた。中国新聞網が伝えた。

中秋は秋の収穫期にあたり、新米が登場し、新酒が発売されるなど、飲食は大変豊かになる。もちろん月餅も欠かせない。古代、月餅は供物として中秋節に食された。月餅を食べる習俗は唐代に始まり、北宋時代には民間に伝わったとされる。

明代になると中秋節の食品となり、民間に完全に広まった。当時の器用な餅師は「嫦娥奔月」神話の図案を月餅にあしらい、人気を博した。清代になると月餅づくりはさらに巧みなものになった。

中秋節の習俗には月餅以外に祭月、拝月、月見、燃灯がある。蕭放氏によると、祭月は実は古代人の「月神」への崇拝儀式であり、宋代以降流行した。具体的儀式としては、旧暦8月15日の夜に屋内または戸外に「月神」の牌を置き、果物や月餅を供えた後、ひざまずいて拝礼する。

「願い事は男女で異なった。男性は一般に科挙に受かって名声を得ることを願い、女性は美貌を願った」。

中秋節の習俗は拝月・月見を中心に、各地それぞれ特徴がある。昔の北京では「兎爺」が欠かせなかったといえる。子どもたちが好むだけでなく、大人も縁起を担いで兎爺を拝んだ。

古代、浙江一帯では観潮が中秋節の盛大な行事といえた。「中秋観潮」は早くも前漢の文人である枚乗の「七発」に記載がある。宋代の大詩人・蘇軾の「八月十五日看潮」と題する詩にも描写があり、この習俗に長い歴史があることがわかる。

「中秋節の習俗は南北で余り違わないが、北方は家族団らんを重視し、南方は屋外での行事が多い」。蕭氏によると、拝月、月見以外に、典型的な行事として宝塔灯、孔明灯などがあり、一家団欒して酒を飲み、新米のご飯を食べる。「この時、将来の娘婿が訪れて贈り物をする」。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年10月4日

観潮、祭月、拝兎爺……中秋節の習俗--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: