中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
北京・天津・河北、2020年までにスモッグ問題解決へ
  ·   2017-02-27
タグ: 大気汚染;京津冀;社会
印刷

北京市・天津市・河北省(京津冀)一帯の環境について語る時、「スモッグ」は避けて通ることのできない言葉だ。厳しい大気汚染の状況を前にして、ここ3年、京津冀地区は行政区域の制限を越えて、汚染防止・抑制・対策に共同で取り組み、一応の成果を上げた。計画によると、2020年には、京津冀地区はおおむねスモッグから解放され、「グリーン時代」を迎えることが可能になる。

京津冀地区は中国で大気汚染が最も深刻な地域であり、PM2.5汚染はすでに現地の人々の「心肺の患」となり、京津冀地区の主要な汚染物質である。ここ3年、京津冀地区は防止・抑制に共同で取り組み、力を合わせて立ち遅れた生産能力の淘汰、石炭燃焼の抑制・削減、クリーンエネルギーの普及、工業・粉塵汚染の抑制といった重点的な二酸化炭素排出量削減を推進してきた。さらに京津冀地区は他に先駆けて大気重度汚染緊急対応連動メカニズムを構築し、協議・警報発令を一元的に行い、主体的に二酸化炭素排出量削減措置を講じ、重度汚染に対応してきた。

しかし2016年になってもスモッグは相変わらず治まらず、対策の効果に対し疑問を呈する声も出ている。結局のところ対策の効果は出ているのか?以下に示すデータを見れば、今起こりつつある変化が感じられるかもしれない。

河北省では、2016年の大気質平均目標達成日数は207日で、2015年より17日増加した。また同年の全省平均重度汚染日数は33日で、2015年に比べ3日減少した。

北京では、2016年の大気質目標達成日数は198日で、そのうち一級の「優」が68日、二級の「良」が130日あり、目標達成日数は2015年より12日増加した。

12次のページへ
北京・天津・河北、2020年までにスモッグ問題解決へ--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: