中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 写真 >> 本文
千年以上続く杏の原生林を訪ねる
  ·   2017-04-24
タグ: 新疆;原生林;社会
印刷

このほど新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州キュネス(新源)県テュルゲン(吐爾根)郷の杏花溝にある野生の杏の花が2000ヘクタールにわたり咲き乱れ、新緑の山肌は柔らかなピンクに染められた。 

杏花溝では山と河谷が冬に気温逆転(高度が上がるにつれ気温も上がる現象)を起こすことにより、2000ヘクタールもの杏の原生林は千年以上存続してきた。毎年34月には野生の杏の花が次々と咲き誇り、杏の花との「逢引」を果たすために各地から多くの観光客が集まる。 (写真は全て新華社の趙戈記者が撮影) 

イヌワシを腕に乗せながら馬に乗るテュルゲン郷の牧畜民 

12345次のページへ
千年以上続く杏の原生林を訪ねる--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: