中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
河南省の農場で循環型農業に取り組む川崎広人さん
  ·   2018-12-28
タグ: 農業;河南省;中日交流
印刷

小劉固農場のビニールハウスでトマトの世話をする川崎広人さん(撮影・張浩然)。

「僕のお墓を用意してほしい。僕はここに骨を埋めるつもりだから」と、これは中国へ戻った川崎広人さん(72)が、李衛さんに会った時に最初に言った言葉だ。新華社が報じた。

河南省新郷市原陽県小劉固農場のオーナーである李さんは、川崎さんのこの決意を聞いて感動したという。

農業や漁業が盛んな日本の岩手県から来た川崎さんは、微博(ウェイボー)のアカウントを開設しており、そのフォロワーは27万人もいるが、4年前はその数が300人にも満たなかった。微博を通して、多くの中国人が川崎さんの名前を知り、そして徐々に川崎さんが行う「堆肥」を使った「循環型農業」に対する理解も深まってきた。

川崎さんは大学で農業経済学を学んだあと、インドネシアに留学して修士号を取得。そして、農業研究所の仕事を辞めた後、長年にわたってある農業協同組合に勤めた。定年退職後の2009年には、中国の青島農業大学に招かれ1年間勤務した。

青島で勤務したその1年間で、川崎さんは中国の多くの農村で家畜の糞便が未処理のまま田畑にまかれ、ときには用水路に捨てられて環境汚染の原因になっているのを目撃した。その他、化学肥料や農薬が大量に使われていることが原因で、土壌が固くなり、農作物の品質や生産量にも影響を及ぼしていることにも気がついた。

自分の最後の力を捧げる場所を見つけたと感じた川崎さんは、中国で循環型農業を広める決意を固めた。「ノーマン・ベチューンが中国の医療に貢献したように、僕も中国の農業に貢献したい」と話す川崎さんは、「妻に中国で仕事をしたいと話すと、妻は僕が彼女のことが嫌いになったと勘違いしていた」と笑顔で振り返る。

川崎さんは67歳だった13年、30キロ以上の荷物を背負って中国で、「循環型農業」をめぐる夢を実現できる場所を探し始めた。しかし、甘粛省から一路東へ向かったものの、奔走するばかりでなかなか自分と同じことを目指す「知己」を見つけることができなかった。そんな中、知人の紹介でたどり着いたのが李さんの農場だった。

以前は新聞記者だった李さんは、父親・李敬齋さんの養豚場を引き継いだ後、多額の資金を投じて有機農場への転換を試みたものの、市場を開拓できなかった。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: