中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
『無錫旅情』の舞台、今は中国有数の桜の名所に
本誌記者 勝又あや子  ·   2017-03-31
タグ: 桜;無錫市;中日交流
印刷

日本では全国各地から桜の開花のニュースが続々と伝えられ、いよいよ本格的な花見シーズンを迎える。今年は中国から多くの花見客が日本を訪れることも話題だ。その中国にも実は桜の名所がいくつかある。その1つが、昭和の大ヒット曲『無錫旅情』に歌われた無錫市にある頭渚(げんとうしょ)公園だ。この中国屈指の桜の名所には、実は日本人が深く関わっている。 

桜の名所として市民に親しまれている無錫頭渚公園 

『無錫旅情』に込められた中日友好の願い 

無錫市は江蘇省南部に位置し、上海市からは高速鉄道で40分ほどの距離にある。琵琶湖の3倍の広さを持つ太湖のほとりに位置し、古くから風光明媚な景勝地として知られる。人口は約650万人、2016年の1人当たりGDPは14万余りと、経済的にも著しい発展を遂げている対外開放にも積極的で、早くから外資企業を誘致し、ソニー、シャープ、パナソニックなど日本からも多くの企業が進出。現在約280社の日商倶楽部参加企業があり、約1700人の在留邦人が暮らす。 

日本企業進出のきっかけとなったのは、1986年に発売され、翌年にかけて大ヒットした『無錫旅情』だ。無錫の名所を歌詞に織り込んだこの曲は、当時レコード130万枚を売り上げ、1987年には第29回日本レコード大賞を受賞した。この曲で、無錫というそれまでなじみのなかった中国の都市の名前が日本人の脳裏に深く刻まれ、その後の日本企業進出ブームにつながったという。 

実は、この曲は中国側からの働きかけで生まれた。「当時の旅遊局局長の馮恵群さんから、『無錫を訪れてほしい、日本で無錫の曲を作ってほしい』という依頼が来たんです」。そう明かすのは、『無錫旅情』の歌い手である尾形大作さんだ。尾形さんによると、この曲の歌詞には中国と日本の関係が織り込まれているという。それが「も一度出直そう」「今度は君を離しはしない」という部分だ。「中国と日本は近くて遠い国のような存在だったけれど、やっぱり仲良くできるものだったら仲良くしたいという思いが、制作サイドにもあったようです」。一見すると男女の仲を歌ったように見える歌詞には、中日友好への願いが込められていたのだ。 

1234次のページへ
『無錫旅情』の舞台、今は中国有数の桜の名所に--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: