中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
村上春樹の真の姿とは? ジョギング好きで読者思い
  ·   2016-10-17
タグ: 村上春樹;ノーベル文学賞;中日交流
印刷

 今年のノーベル文学賞受賞者が13日発表され、今年は米国人歌手のボブ・ディランが選ばれた。村上春樹氏の多くの作品の中国語翻訳を担当する林少華氏は、ノーベル文学賞に関して、毎年10月にメディアの「質問攻撃」を受けており、「心から村上氏が一日も早くノーベル文学賞を受賞してくれればと思う。そうしてくれないと毎年こうして前祝いをしなきゃいけなくて、本当に大変だ」と冗談交じりにコメントした。人民網が伝えた。

村上ファン以外、どれだけ多くの「野次馬」たちが村上氏の「万年有力候補」という呼び名の話題で盛り上がり、また、どれだけ多くの人たちが、村上氏本人のこの呼び名に対する見方を理解しているのだろうか?実際の村上春樹氏は、もしかするとあなたのイメージとは違うかもしれない。

読書好きだった青春時代:ジャズバーのマスターとして自由気ままな日々 

村上氏は小さいころから無類の読書好きで、成長していくにつれて、西洋文学にのめり込むようになった。また、のちにしばらくの間、海外で暮らしていた経験もあるため、村上氏の作品には日本的な考えとは敢えてかけ離れた趣もあり、日本人作家でありながら、日本らしくない作品となっている。

村上氏は若い頃、普通の人とは違った自由気ままな日々を送っていた時期もある。大学を中退し、結婚をした後、借金をしてジャズ喫茶をオープン。そして毎日大好きなジャスを思う存分楽しんでいたという。そのジャズ喫茶は、昼間はコーヒーが飲める普通の喫茶店、夜はジャズバーというスタイルだった。

123次のページへ
村上春樹の真の姿とは? ジョギング好きで読者思い--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: