中文 | English | Français | Deutsch | BR America
北京週報日本語版微博
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
今年3回目の日本人大学生訪中団が到着 北京・杭州・上海を訪問
  ·   2015-12-07  ·  人民網
タグ: 日本人大学生訪中団;中日交流
印刷

106人のメンバーからなる今年3回目の日本大学生訪中団が2日、北京に到着し、北京・杭州・上海の3都市の訪問をスタートした。3日夜、中日友好協会による盛大な歓迎式が北京で行われ、中国人民対外友好協会の謝元・副会長や訪中団の宇都宮徳一郎団長、在中国日本国大使館の石飛節参事官らが出席し、式辞を述べた。

謝元副会長は式辞で、「日本人大学生の皆さんには中国での滞在期間中、中国の経済社会の発展の現状を観察し、代表的な歴史・文化の旧跡を参観することで、壮大な北京、秀麗な杭州、繁華な上海への理解を深め、中国の伝統文化と現代文明をじかに感じてほしい」と呼びかけ、「中国人大学生との面と向かっての交流を通じて、相互に学習し、相互を理解し、相手に対する友好感情を深めてほしい。学生らが今回の訪中を契機として、多くの場所に行き、多くを見て、多くを思い、多くを考え、本当の中国を間近に感じ、訪中で見たことや聞いたことを家族や友人に伝えてくれることを願っている」と語った。

宇都宮徳一郎団長は式辞で、「今回の訪中団に参加した大学生は皆、初めての中国訪問となる。学生らはいくつかのグループに分かれ、各自のテーマを決め、自分の目で見て、本当の中国を知ることになる」とし、「中国と日本は一衣帯水の隣国であり、両国の友好関係はアジアさらには世界の繁栄の土台となる。友好的な隣国関係を築くには、相互理解が不可欠だ。今回の100人からなる大学生訪中団が、若い世代の両国の草の根の交流を一歩前に進めるものとなることを信じている」と語った。

12次のページへ
関連文章:
「中日間で安全保障協力メカニズム構築を」神保謙氏が
提言
程永華駐日大使:歴史を鑑とし、未来の道を切り開く
中日関係学術文集発表会が北京で開催
日本人翻訳家から見た中国の現代文学 原稿は5回の校正も
東京都太田記念館開館25周年記念式典に程永華大使が出席
今年3回目の日本人大学生訪中団が到着 北京・杭州・上海を訪問--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996229
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat