中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
客殺到!ユニクロ・コラボTシャツ人気の「真犯人」とは?
  ·   2019-06-05  ·  ソース:人民網
タグ: 消費;ファッション;経済
印刷

今月3日、「ユニクロで服を買い占める」光景を大勢の人がSNSで目撃した。この買い占め劇を引き起こしたのは、ユニクロが売り出した、米国のアーティストのカウズとコラボレーションしたTシャツだ。「銭江晩報」が伝えた。

人気の靴を買うために並ぶ、ファストファッションブランドと高級ブランドの有名デザイナーとのダブルネーム商品を争って手に入れるというのはよく耳にする。しかし今回のユニクロ買い占め劇の背後にいるカウズは、多くの人にとってあまりなじみのない名前だ。

▽カウズって誰? 

2ヶ月ほど前、カウズの作品が1億香港ドル(1香港ドルは約13.8円)で落札されたという。そんなカウズだが、ユニクロとのコラボは今回が初めてではない。

今回のコラボシリーズでは、カウズがここ数年打ち出しているストリートアート作品が取り入れられており、発売からそれほど経っていない「コンパニオンシリーズ」のピンクBFFとブルーBFFもある。また今回がユニクロとの最後のコラボになるという。

カウズの「バッテンをした目、大きな耳」のキャラクターが、コラボを出せば大人気となったのはなぜだろうか。

今年4月1日、カウズの2005年の作品「ザ・カウズ・アルバム」が、香港でのオークションで1億1600万香港ドルで落札された。オークション前の予想価格は600万香港ドルだった。

この作品は英国のビートルズが1967年に出したアルバムのジャケットにインスピレーションを得たもので、オリジナルのキャラクター・キンプソンがちりばめられ、ビートルズとキンプソンが融合して1平方メートルの画面を形作る。

多くのアーティストは亡くなってから評判が上がり作品に破格の値段がつくようになるが、カウズはまだ45歳ながら創作のピークを迎えており、今回の落札価格が何よりもその実力を証明している。

▽ニューヨークの「謎の落書きアーティスト」からファッション界の新たな寵児へ 

米国ニュージャージー州出身のストリートアーティストのカウズは、本名をブライアン・ドネリーといい、12歳の頃から落書きアートに興味をもっていた。

学校に上がると、両親は毎年、何回も教科書を買い換えなければならなかった。というのも、どの教科書も落書きでいっぱいで、空を飛ぶペガサスなど空想の世界が広がっていたからだ。

96年にニューヨークのスクール・オブ・ビジュアル・アーツを卒業すると、アニメ会社でしばらく働いたが、働き始めてすぐに月曜日から土曜日まで、朝9時から夜9時まで働く機械的で無味乾燥な生活はまったく性に合っていないと思い、会社を辞めた。

123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: