中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
AIIBが初の対中融資、生活インフラ整備と大気汚染対策向け
  ·   2017-12-12
タグ: AIIB;インフラ;経済
印刷

アジアインフラ投資銀行(AIIB)は12月11日、北京の約510の村をカバーし、約21万6750世帯をつなぐ天然ガス導管網などの建設事業向けに、2億5000万ドルの融資を認可したと発表した。AIIBの中国向け融資はこれが初となる。このプロジェクトにより、年間で北京の標準炭使用量65万トン、二酸化炭素排出量59万5700トン、粒子状物質排出量3700トン、二酸化硫黄排出量1488トン、窒素酸化物排出量4442トンを削減できる見込み。プロジェクト全体の竣工は2021年を予定している。 

AIIBは政府間協力によって設立されたアジア地域多国間開発機関で、インフラ建設を重点的に支援し、開放性と包摂性を持つ金融機関である。そのため、中国のAIIB設立提唱は、多くの発展途上国から熱烈な歓迎と大きな支持を受け、イギリス、フランス、ドイツなど欧州諸国も大いに賛同し、積極的に参加している。 

発展途上国がAIIB設立を積極的に支持したのは、明らかに、AIIBという新たな場の力を十分に借り、より多くの資金的支援を得て、自国のインフラ建設を強化したいと考えてのことだ。また、欧州の先進国が積極的に賛同し、AIIBの設立に参加したのは、アジア発展の機会をしっかりとつかみ、アジアのインフラ建設と経済成長に加わり、アジア経済というパイの分け前を得るためである。こうして、AIIBの設立に対しそれぞれ異なる角度から共通認識が形成され、一致を見たのである。 

AIIBの金立群総裁は以前こう述べている。「AIIBが融資を行う案件は次の3つの要求を満たしていなければならない。1点目は持続可能性、2点目は環境保護性、3点目は社会に認められていることだ。つまり、AIIBの融資は、少数人ではなくすべての人が利益を得られるものでなければならない」。 

12次のページへ
AIIBが初の対中融資、生活インフラ整備と大気汚染対策向け--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: