中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
中国で拡大する「お一人様経済」 ニーズに合わせたマーケティングが鍵
  ·   2017-09-08
タグ: 中国;「お一人様」;経済
印刷

 陳さんが一人で火鍋のチェーン店に入ると、スタッフらが大歓迎し、テーブルの向かい側には、ミッキーマウスのぬいぐるみが座っていた。このサービスに、陳さんは、店側の優しい対応に感激し、思わず笑みがこぼれた。中国の都市では現在、独身の男女が増えており、各店や企業なども、独身の人のライフスタイルに合わせた斬新な商品やサービスを編み出している。日に日に激化する市場の競争において、「お一人様経済」が現在、多くの店、企業が照準を絞るビッグビジネスとなっている。人民日報海外版が報じた。

独身男女のニーズ発掘 

陳さんは、「テーブルの前にミッキーマウスのぬいぐるみを置いてくれるという優しい対応に、うれしい気持ちになるが、周りの人に独身であることに気付かれ、ちょっと恥ずかしい」と話した。

一方で、「一人で食事してもつまらない。でも、ミッキーマウスを置いてもらえると、楽しいし、孤独感も解消できる。このサービスは親切で、とてもいい」という意見のネットユーザーもいる。いろんな見方があるものの、店や企業が「独身」のニーズに注目しているのは紛れもない事実だ。

数年前なら企業のマーケティングというと、「二つ目半額」、「複数の場合一人無料」などだった。一方、今はというと、「お一人様用セット」、「セルフカラオケ」、「セルフジム」など、一人の人をターゲットにした商品、サービスが流行している。各大手ショッピングサイトも、小型の炊飯器、オーブン、ポット、冷蔵庫などを販売するようになっており、宣伝文句も「家庭用」、「お得ファミリーセット」などではなく、「独身の必須アイテム」、「独身にはこれ」などに変わっている。

このような店や企業の「イノベーション」に対応しているのは、ファッションや生活の達人たちが行っている、独身の人を対象にした消費の促進だ。グルメや旅行、家具などに関するサイトやソーシャルメディアのアカウントなどでも、「一人でレストランで食事」、「一人旅でいい所へ行こう」、「一人暮らしを楽しむインテリア」などの宣伝文句が増えてきている。どれもが、独身の人の好みやニーズに合わせたマーケティングを行っている。

123次のページへ
中国で拡大する「お一人様経済」 ニーズに合わせたマーケティングが鍵--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: