中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
中国、起きるか「スポーツ映画」ブーム!?
  ·   2018-07-25
タグ: 中国;スポーツ映画;文化
印刷

インド映画「ダンガル きっと、つよくなる」

最近ロシアで開催されたワールドカップでは熱戦が繰り広げられ、各試合で生まれたドラマや試合外でのエピソードが世界中で話題になっている。世界を見ると、スポーツ映画には独特のおもしろさがある。スポーツ映画は、現実主義、理想主義、ロマン主義の集合体だ。中国では、1957年の「女藍五号」、59年の「水上春秋」、81年の「沙鷗」などが初期の国産スポーツ映画では代表的な存在で、国のために栄光を勝ち取り、民族の誉とするというのがストーリーの中心的なテーマだった。そして、選手が国家の一員として国のために尽くすという重い責任を背負って奮闘する姿を描いていた。しかし、21世紀に入り、中国のスポーツ映画の内容も変化し、2008年の「買買提的2008(Mai Mai Ti's 2008)」、11年の「栄光のフォワードNo.9 ~女子サッカーに捧げる(原題:女足九号)」などは、選手を主体とするスポーツ精神を際立たせており、11年の「転べ、信ちゃん(原題:翻滾吧阿信)」、15年の「破風(TO THE FORE)」などは、個人の栄光を勝ち取ることにスポットを当てている。人民日報が報じた。

スポーツ映画のストーリーや各シーンは人の心を動かす力に満ちている。厳しい練習で流す汗と涙、選手が普段の生活において経験する苦しさ、試合中の緊張感、そして勝ち負けによって生まれる喜びと悲しみに、見ている人も釘付けになってハラハラドキドキ、一喜一憂する。16年のインド映画「ダンガル きっと、つよくなる」では、一人の父親がレスリングで金メダルを取るという夢を娘に託し、経済的な問題や異様な目で見る周囲の人からの圧力などを克服し、二人の娘は厳しい特訓を経て最終的に金メダルを獲得する。

スポーツ映画には、人の心を奮い立たせる大きな力がある。「ダンガルきっと、つよくなる」や81年の英国映画「炎のランナー」などでも、試合が終わるたびに、見る人の魂を熱くし、涙を誘う。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: