中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
中米経済貿易協力は双方に利益 商務部
  ·   2017-05-27
タグ: 中米;経済貿易;経済
印刷

  商務部(商務省)がこのほど発表した「中米経済貿易関係に関する研究報」によると、中国と米国の双方が経済貿易協力の中から利益を得ているという。米国からみれば、中国は貨物貿易で黒字続きだが、米国は実質的な利益を得ている。過去10年間、米国の対中輸出の平均増加率は米国の輸出全体の平均増加率の3倍となり、中国の対米輸出の増加率の約2倍にもなる。「経済参考報」が25日に伝えた。

同報告は中米経済貿易関係の全容を全面的にまとめたもので、両国の経済貿易協力に対する中国の立場や見方を明らかにしている。同報告によれば、中米経済貿易関係の本質は相互利益・ウィンウィンであり、経済グローバル化が中米経済貿易関係が深いレベルで発展するための土台であり、世界貿易機関(WTO)のルールと多国間合意が中米経済貿易関係の法的保障であることがデータや事例から確かめられるという。中米が経済貿易協力を展開することは、双方がお互いに優位性を発揮しあったごく自然な結果であり、国際的な産業分業や資源配置の最適化の必然的な選択でもある。中米双方はどちらも経済貿易協力によって非常に大きなバランスのとれた利益を得ているよいう。同報告は双方が関心を寄せる主要な経済貿易問題も紹介し、二国間の実務協力の展開について提言を行った。

同報告によれば、中国からみると、米国は中国にとって1番目の輸出市場であり、中国の輸出全体に占める割合は16%に達し、中国に非常に大きく安定した外部需要をもたらしている。米国は中国にとって2番目のサービス貿易パートナーであり、中国の技術貿易や文化貿易における重要な協力パートナーであり、中国のサービスアウトソーシング産業の最大の発注元市場でもある。中国で投資を行う米企業は6万7千社あり、中国に資金と技術と管理の経験をもたらし、雇用と税収を生み出し、専門的人材を大量に育成し、中国の経済発展と産業モデル転換・バージョンアップを積極的に推進する役割を果たしている。

中米双方は経済貿易分野でお互いに注目しあっている。米国は対中貿易赤字、人民元レート、生産能力の過剰、市場開放、知的財産権保護などの問題を注視する。中国は「中国の世界貿易機関加盟議定書」第15条に定められた義務の履行、米国の対中輸出管制、中国企業の対米投資、米国の貿易救済措置の乱用などの問題を注視する。米国の対中貿易赤字問題について、中国は歴史を踏まえて全面的に問題をみるべきだと考えている。双方の貿易差額はつまるところ両国の経済構造、産業競争力、国際産業分業によって決まる。グローバルバリューチェーンの中で、貿易黒字が中国に出現してはいるが、双方は利益を共有しており、全体として相互利益・ウィンウィンの関係だといえる。

商務部の孫継文報道官は25日の定例記者会見で、「現在、グローバル経済は不確定要因が増大し、エコノミーの中には経済グローバル化の発展という方向性に疑義を呈するところもある。中米両国が対話を展開し、協力を強化し、手を取り合ってグローバル経済の復興を推進することを各方面が大きく期待する。我々は引き続き米国と協力を強化し、両国の経済貿易関係の健全で安定的で持続可能な発展を実現し、両国国民に幸福をもたらしたいと考えている」と述べた。(編集KS)

「人民網日本語版」2017年5月27日

 
中米経済貿易協力は双方に利益 商務部--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: