中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
音楽は本当に睡眠の助けになる?
  ·   2018-03-14
タグ: 音楽;睡眠;文化
印刷

  子守唄を聞きながら成長した人々は、さまざまな原因から不眠症に苦しめられると、寝る前にホットミルクを飲んだり、アロマを焚くといった専門家からのアドバイスを耳にしたことがあるに違いない。またなかなか寝付けない時に音楽に助けを求め、その柔らかな音色でぐっすりとした眠りに就こうとする人も少なくない。瞭望東方週刊が伝えた。

米ペンシルバニア大学医学大学院の准教授は、音楽と睡眠の質の関連性について研究した。同氏は精神病学研究部睡眠・体内時計課題チームの学者で、音楽が睡眠に与える影響は千差万別であり、聞き慣れた音のほうが眠りやすいとし、「いつも特定の歌手のアルバムを聞いて眠るならば、これは睡眠前の一種の儀式になり、睡眠を促す」としている。

また人は通常横になってから5−30分で眠りにつくことから、音楽プレイヤーを30分後に切れるようタイマー設定するのが良いとアドバイスしているほか、「そうすることでこの儀式で眠りにつくことができ、また自分の睡眠の邪魔にもならない」とし、歌詞があり、激しいメロディーの場合、音楽で頭が冴えてしまうこともあるため、穏やかな音楽を選んだほうがよいとしている。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年3月14日

 
音楽は本当に睡眠の助けになる?--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: