中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
クラシック音楽を軸にした人間交流を 松田亜有子さん
  ·   2019-12-30  ·  ソース:人民網
タグ: 音楽;中日友好;中日交流
印刷
 「深セン交響楽団の演奏を絶対に日本の観客に聴かせたいと、お隣の中国の楽団がこんなに素晴らしいということを伝えたいと思ったんです」と情熱に目を輝かせながら語ってくれたのはクラシック音楽の企画制作を行うアーモンド株式会社の松田亜有子代表取締役。前職の公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団では広報渉外部部長として中日国交正常化45周年記念公演などで、世界各地への広報や、主催者・協賛者との交渉を務めるなど、長年にわたり中日並びにアジアにおける音楽交流に関わってきた。人民網が伝えた。
人民網のインタビューに応じる松田さん。

中国とつながり、温かさに触れる 

松田さんの中国とのつながりは2003年の中日平和友好条約締結25周年記念事業で国際渉外担当になった時から。その時初めて中国を訪れた松田さんは、楽団が演奏を終えた時、中国の観客がまるでロックコンサートのような熱烈な拍手を送ってくれたことを非常にうれしく感じたという。そして、「一番びっくりしたのはやはりそうした聴衆の温かさでしょうか。中国に来るまではもっとなにか堅いイメージがあったのですが、そんな温かさに触れ、だから好きになったと言えます」とした。その事業をきっかけに中国の音楽業界の関係者や観客と知り合い、そのつながりは今も続いているのだという。

クラシック音楽に関する松田さんの著書。

クラシック音楽の21世紀はアジアの時代 

クラシックと中国というのは素人からするとちょっとつながりを見出しにくいような気もするが、松田さんによると、欧米のオーケストラの楽団員や世界的に著名なオペラハウスの舞台で歌う歌手など中国のアーティストは数多く、世界中で活躍しており、クラシック音楽の21世紀はアジアの時代と言われているのだという。そして、「西洋で生まれたクラシック音楽のバトンを引き継ぎ、『西洋の模倣」にとどまらず、アジア人である私たちが、西洋の7音音階であるドレミを使い、私たちの音楽として表現し、世界へ発信していきたい。そしてアジア各国間の音楽交流企画も、もっと創っていきたい」とその意気込みを語った。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: