中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
日本の民間団体が「七七事変」82周年集会
  ·   2019-07-08  ·  ソース:人民網
タグ: 「七七事変」;中日友好;政治
印刷

日本の4つの民間友好団体が7日午後、埼玉県さいたま市で「七七事変」(盧溝橋事件)82周年記念集会を共催した。集会は日本による侵略の犯罪行為を反省したうえで、日本の政府と国民に対して侵略の歴史を正しく認識するよう呼びかけ、日中の民間の友好と世界平和を訴えた。

集会を開いた「日中友好8・15の会」「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」「不戦兵士・市民の会」「関東日中平和友好会」は、日中民間友好活動に長年積極的に携り、1988年から毎年7月7日前後に侵略戦争を反省する集会を共催している。

「日中友好8・15の会」の沖松信夫代表幹事(94)は「日本人は『七七事変』など歴史の事実を正しく知り、前事を忘れず、後事の師とするべきだ」と語った。「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」の姫田光義会長は「日本人は中国に対して犯した犯罪行為を十分に認め、反省し、真摯に謝罪すべきだ」と語った。「関東日中平和友好会」の新宅久夫会長は「82年前の『七七事変』は中国の人々を深刻に傷つけた。侵略戦争の歴史の証人は減ってきている。私たちには侵略の歴史が忘れられることを防ぐ責任がある。歴史の真実を伝えていかなければならない」と語った。

在日本中国大使館の楊宇公使参事官は「日本軍国主義の発動した侵略戦争は中国と数多くのアジアの国々の人々に未曾有の多大な惨禍をもたらし、日本の人々も大きな被害を受けた。われわれはこの不幸な歴史を永遠に銘記し、共に平和を大切にし、平和を守り、中日両国民が世々代々友好的であるようにするべきだ」と語った。

東京都在住の今村優莉さんは1歳と2歳の息子を連れて集会会場を訪れた。「私の子供や将来の孫たちに、いつまでも平穏で幸せな環境で暮らしてほしい。歴史を鑑にして初めて、平和で素晴らしい未来がある」と語った。

日本の著名な歴史学者で明治大学特任教授の纐纈厚氏は集会で、日本による侵略戦争発動の歴史的事実を語った。「正しい歴史認識を持って初めて、正しい未来を構築できる」。纐纈氏は「中国の人々は世界反ファシズム戦争の勝利に多大な貢献をした。日本人一人一人が歴史を直視し、銘記して、悲劇が繰り返されないようにするべきだ」と語った。(編集NA)

「人民網日本語版」2019年7月8日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: