中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
中国の「安全感」が世界に示唆するもの
  ·   2018-02-06
タグ: 中国;安定;政治
印刷

中国の軽食を楽しめる王府井小吃街を歩く観光客

中国は世界で最も安全な国の1つだと考える人がますます多くなっている。さらには、社会大局の安定と経済の急成長を中国が世界に示す二大奇跡だとする西側の学者もいる。

先ごろ、「中国はどのくらい安全なのか」という質問が世界の有名Q&Aサイトで話題になった。ネットユーザーの「いいね!」が最も多かった回答は「ものすごく安全」で、「深夜でも1人で外出できる」「銃が出回っていない」「治安がしっかり管理されている」という内容が数多く書き込まれた。かつて中国に住み、働いた経歴を持つ外国人も、住んだことのある他の国より中国のほうが安全で安心だったという自身の経験をシェアした。

確かに、西側諸国で銃撃事件など悪質な事件が頻発し、市民が安全に対してぬぐいがたい心配を感じている今、13億余りの人口を抱え、広い領土を持つ発展途上国である中国が長期にわたって社会大局の安定を保っていることが世界から注目されている。2017年、中国は世界で殺人事件発生率が最も低い国の1つで、深刻な暴力犯罪事件は2012年より51.8%減り、市民の社会治安満足度は95.55%に上がった。中国社会は安定して秩序があり、人々は安穏に暮らすことができ、中国は世界で最も安全な国の1つだと考える人がますます多くなっている。さらには、社会大局の安定と経済の急成長を中国が世界に示す二大奇跡だとする西側の学者もいる。

安全感の背後には、社会ガバナンスの哲理がある。社会治安状況は、国と社会のガバナンスのレベルと能力をある側面から反映している。改革開放以来、中国の警察力配備数は世界のレベルよりはるかに少なく、公共安全と社会安定を守るために使われる支出のGDP比が他国より低いにもかかわらず、中国は急速な都市化と経済・社会の構造転換を経験する過程で、世界の多くの国のように高い犯罪率に悩まされることなく、むしろ「低投入・高安定」モデルで、社会の調和の取れた安定を低いコストで保障してきた。この点は多くの人の目にも明らかだ。

12次のページへ
中国の「安全感」が世界に示唆するもの--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: