中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
南京大虐殺犠牲者国家追悼式開催、事件から80年
  ·   2017-12-13
タグ: 南京大虐殺;中日両国;政治
印刷

南京大虐殺犠牲者国家追悼式が12月13日午前、南京で行われた。追悼式には習近平中国共産党中央総書記、国家主席、中央軍事委員会主席が出席し、正声・中国人民政治協商会議主席が演説を行った。以下は演説の要旨。 

今年は南京大虐殺という残虐な事件発生から80周年に当たる。80年前、日本の侵略者はこの世のものとは思われないほど悲惨な南京大虐殺事件を起こし、30万の同胞が殺戮され、無数の女性や子供が野蛮な蹂躙と虐殺に遭い、南京の街中に荒れ果てた光景が広がった。日本の侵略者によるこの人道に反する犯罪行為は、非人間的で激怒させられるものであり、人類の歴史に暗黒の1ページを残した。 

戦争は鏡である。戦争を通じて人々は平和の大切さをいっそうよく知ることができる。日本の軍国主義が発動したこの戦争は、中国の国民に甚大な災難をもたらし、日本の国民にも甚大なダメージを与えた。中日両国の国民は得がたい平和をいっそう大切にするべきである。 

中日両国は近隣国であり、引っ越すことのできない隣人だ。中日民間交流の歴史は長く、深みのある交流を続けてきた。中国は「親・誠・恵・」理念と「近隣国と親しくし、近隣国をパートナーとする」周辺外交方針に基づき、日本を含む周辺諸国との関係を深めていく。 

今年は中日国交正常化45周年であり、来年は中日平和友好条約締結40周年を迎える。中日両国は両国国民の根本的利益から出発し、平和友好・協力という大きな方向性を正しく把握し、歴史を鑑として未来に目を向け、何世代にもわたって友好関係を続け、人類の平和のために共に貢献していくべきである。 

「北京週報日本語版」2017年12月13日

12次のページへ
南京大虐殺犠牲者国家追悼式開催、事件から80年--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: