中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
国外から1800名以上の記者が第19回党大会を取材
蘇暁暉  ·   2017-10-16
タグ: 党大会;中国共産党;政治
印刷

最近、世界のメディアが中国に注目し、中国共産党第19回全国代表大会を注視している。5年に一度の会議は中国の発展を観察する上で最良の窓口とされている。現時点で、取材を申し込んだ国外メディア記者は1800名以上に上り、第18回党大会より100名近く多い。このことは何を示しているのか。

(1)各国は中国の発展経験に極めて注目している。現在の世界を見てみると、国際情勢は深刻で複雑な変化を経験し、世界経済の回復は安定せず、ユニラテラリズム傾向へと逆行している。多くの国の発展の歩みは困難なものとなり、ひいては後退を余儀なくされている。中国も苦難を経たが、依然として前進を続けている。5年来、中国は1500項目余りの改革措置を打ち出し、改革を推進して、全面的な力の発揮、複数分野での飛躍、奥深い推進という局面を呈し、経済構造調整と産業グレードアップの歩みを絶えず加速し、経済の「穏中向好」(安定の中で進展する)状態を絶えず強化し、経済の持続的発展の新たな原動力を絶えず蓄積してきた。国際通貨基金(IMF)専務理事はメディアに対し、何度も「印象深い」という言葉で中国の発展成果を描写している。各国は中国の発展成果を羨望し、中国が社会経済発展を実現した良策――改革の全面的深化を間近で理解しようと躍起だ。特に発展途上国のメディアはなおさらで、虚心に学ぶ気持ちで中国共産党第19回全国代表大会を報道している。

(2)各国は中国の発展見通しを注意深く分析・判断しようとしている。IMFは最新版「世界経済見通し」で、中国の今年と来年の経済成長予測をそれぞれ6.8%、6.5%に再度引き上げた。IMFが今年に入ってから中国経済の「期待値」を引き上げるのはこれが4度目となり、中国の新たな発展理念を非常に高く評価していることがうかがえる。中国はいかにして「革新・協調・グリーン・開放・共有」の発展理念を深く貫徹し、経済発展の新常態(ニューノーマル)に絶えず適応し、それを把握・リードし、革新で経済発展を牽引し、各国が追いかける対象になったのか。多くの国が党の第19回全国代表大会を機に中国の今後5年の発展計画を知りたいと考えている。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: