中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
第19回党大会に女性代表551人出席、代表全体に占める割合は24.1%
  ·   2017-10-16
タグ: 党大会;女性;政治
印刷
ますます多くの女性が参政している中国(撮影・徐◆、◆は火へんに華)。

まもなく開催される中国共産党第19回全国代表大会の代表2287人のうち、女性の代表は全体の24.1%を占める551人となっている。人民日報が伝えた。

この女性の代表が占める割合は5年前に行われた第18回全国代表大会の際の23%に比べ、やや増えている。

女性の参政は国の民主化の進歩を反映する重要な指標の一つ。ますます多くの中国の女性たちが政界へ身を投じ、それぞれの分野で業績を上げている。今回、第19回党大会に選出された華春瑩氏は外交部(外務省)の報道官の一人。現在、在ニューヨーク中国総領事館で総領事を務める章啓月氏は第16回、第17回、第18回党大会で連続して代表に選出されている。

近年、中国は男女平等を促進し、女性権益保護の面で数多くの努力を重ねてきている。

2016年3月より、中国では「中華人民共和国反家庭内暴力法(反DV法)」の施行が始まり、女性の人身保護の面で新たな法的手段という武器を提供している。

また2017年6月末までに、中国は女性起業担保ローンとして、累計3221億500万元(約490億ドル)の貸付を行い、延べ588万6200人がこのローンを利用している。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: