中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
中央対外連絡部がグリーン発展の成果報告会を開催
本誌記者 夏媛媛  ·   2017-09-28
タグ: 中国共産党;グリーン発展;政治
印刷

9月26日、中国共産党中央対外連絡部(以下「中連部」)は「中国共産党のストーリー」と題したグリーン発展に関する成果報告会を開催した。福建省党委員会の実践を例に、「グリーン発展――緑水青山こそが金山銀山(豊かな自然こそが富だ)」をテーマに、中国を訪問した外国の政党や政治家及び中国駐在高級外交官、国際機関の中国駐在代表に対し、習近平氏を核心とする中国共産党中央の「グリーン発展」に関する重要配置と中国共産党地方党委員会、特に末端党組織の環境保護実践の成功例を紹介した。 

ベトナム、ミャンマー、バングラディシュ、フィリピン、モンゴル、スーダン、モロッコ、ブラジル、ペルー、ブルガリアなどからの外国政党代表団、各国の中国駐在高級外交官や国際機関の中国駐在代表ら300人近くが報告会に参加した。 

中連部の宋濤部長が挨拶を述べ、中国共産党福建省委員会の尤権書記が福建省党委員会を代表して報告を行った。 

宋濤部長は挨拶で次のように述べた。「中国共産党第18回全国代表大会以来、習近平同志を核心とする党中央はグリーン発展、エコ文明建設を国政運営の重要な位置に置き、『自分の目を大切にするように自然環境を保護し、命に対応するように自然環境に対応する』と強調してきた。5年来、中国共産党はグリーン発展の面で際立った成果を上げた。経済発展と資源環境の間の矛盾は世界の難題である。共通の課題に直面し、各国の政党は意思疎通と対話を強化し、互いの有益な経験を学び、交流するべきだ」。 

尤権書記は、「福建省党委員会は習近平同志を核心とする党中央が決定した政策や配置をしっかりと実行し、 『メカニズムが活性化され、産業が優れ、人々が富み、自然が美しい』新しい福建の建設に努力してきた。福建省は産業モデル転換・グレードアップを通じて、先端製造業、現代サービス業、観光業を重点的に発展させ、従来型産業を大いに改造・向上させた」と述べた。 

初の国家エコ文化試験区として、福建省はここ数年グリーン革新を深化し、エコ文明体制の整備に力を入れ、森林資源所有権制度改革、生態補償メカニズム構築、グリーン金融発展などの面で、他地域でも採用や普及が可能な革新的成果を収めてきた。 

12次のページへ
中央対外連絡部がグリーン発展の成果報告会を開催--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: