中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
中国共産党第19回全国代表大会が10月18日に北京で開催
  ·   2017-09-01
タグ: 中国共産党;党大会;政治
印刷
  中共中央政治局は8月31日の会議で、中国共産党第18期中央委員会第7回全体会議(七中全会)と中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)の準備作業について検討した。会議は習近平中共中央総書記が議長を務めた。新華社が伝えた。

会議は七中全会を10月11日に北京で開催することを決定した。中共中央政治局は、10月18日に北京で第19回党大会を開催するよう七中全会に提言する。

会議は「第19回党大会は小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的完成の最終局面、中国の特色ある社会主義の発展の正念場に開かれる非常に重要な大会だ。大会は中国の特色ある社会主義の偉大な旗を高く掲げ、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、重要思想『3つの代表』、科学的発展観を指導に、習近平総書記の一連の重要談話の精神及び党中央の国政運営の新理念、新思想、新戦略を貫徹し、過去5年間の取り組みを真剣に総括し、第18回党大会以来の習近平同志を核心とする党中央が全党・全国各族人民を率いて中国の特色ある社会主義を堅持し、発展させた歴史的プロセス及び貴重な経験を総括し、現在の国際・国内情勢を深く分析し、党・国家事業の発展における新たな要請と人民大衆の新たな期待を全面的に把握し、時代の要請に適応した行動綱領と重要政策・方針を定め、全党・全国各族人民に働きかけて中国の特色ある社会主義の路線・理論・制度・文化への自信を揺るぎないものにし、引き続き全体目標『五位一体』を統合的に推し進め、戦略的目標『4つの全面』を協調的に推し進め、引き続き党建設の新たな偉大な事業を推し進め、小康社会の全面的完成に最終勝利して、中国の特色ある社会主義の新局面を切り開くべく努力するために団結奮闘する」と強調した。

大会は次期中央委員会と中央紀律検査委員会を選出する。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年9月1日

 
中国共産党第19回全国代表大会が10月18日に北京で開催--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: