中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
外交部、米日防衛相の発言は無責任
  ·   2017-06-05
タグ: 外交部;報道官;政治
印刷

米国のマティス国防長官と日本の稲田朋美防衛相が3日のアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)で行った南中国海問題、台湾関連問題などに関する発言に対して、外交部(外務省)の華春瑩報道官は4日、中国側の立場を次のように述べた。

中国側は米国と日本の関係者による無責任な発言に留意しており、強い不満と断固たる反対を表明する。ここで数点強調したい。

第1に、中国は南沙(英語名スプラトリー)諸島とその周辺海域に対して争う余地のない主権を有している。中国は南中国海の領土主権と海洋権益を断固として守ると同時に、直接の関係国による交渉と協議を通じた争いの平和的解決という方針を終始堅持し、ASEAN諸国と共に南中国海の平和・安定を維持する。

中国は各国が国際法に基づき南中国海で有する航行と上空飛行の自由を一貫して尊重し、維持しているが、個別の国が航行と上空飛行の自由を旗印に南中国海地域で武力を誇示し、中国の主権と安全に挑戦し、これを脅かすことには断固として反対する。

中国が南沙諸島で行っている施設建設は、駐屯人員の仕事・生活環境を改善し、より良く主権を維持し、自国の引き受けた国際的な責任と義務を履行することが目的だ。中国が自国の領土に必要な国土防御施設を設けるのは主権の範囲内の事であり、主権国家の有する自己保存権及び自衛権であり、いわゆる「軍事化」とは無関係だ。

域内各国による共同の努力の下、南中国海情勢は緩和に向かい、前向きな発展の形勢を呈している。中国とフィリピンは仲裁裁判を含む南中国海問題の適切な処理について共通認識にいたるとともに、南中国海問題をめぐる二国間協議制度の初会合を成功裏に開催した。

12次のページへ
外交部、米日防衛相の発言は無責任--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: