中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
中国、青年の2020年満足度チェック 1位「健康」2位「家族との関係」
  ·   2021-01-08  ·  ソース:人民網
タグ: 青年;若者;社会
印刷

2020年は新型コロナウイルス感染症の突然の襲来を受け、人々は勉強や仕事、生活などの面で、大きな変化と試練を経験した。しかし、多くの若者は、たいへんな年となったその1年の間に、それまでには得ることができなかった収穫を得て、成長することができたようだ。中国青年報が報じた。

中国青年報社社会調査センターがこのほど、問巻網(wenjuan.com)と共同で、18歳から35歳までの青年1512人を対象に実施した調査によると、2020年、青年が最も満足を感じたのは、「健康」と「家族との関係」に対してだった。2020年の経験を通して、回答者の61.1%が「『食べ物があれば、パニックにはならない』という言葉の意味を悟り、貯金と適度な消費を重視するようになった」、57.0%が「家族をもっと思いやり、短気になってはいけないと悟った」と答えた。

2020年の目標達成度 過半数が「80点」以上

北京のある事業機関に勤める魏揚さん(34、仮名)は、太り気味で、ここ2年の健康診断では、高血圧、高脂血症と指摘されていた。そんな彼は、新型コロナウイルス感染が拡大した2020年、体を鍛えて、免疫力を上げる決意をした。そして、半年間、毎日1時間運動し、これまですでに10キロ以上痩せて、昨年末の健康診断は、満足できる結果だったという。

この一年、人々は自分のどんな面に満足したのだろうか?調査では、1位が「健康(58.3%)」、2位が家族との関係(47.2%)だった。その他は、恋愛(44.4%)、仕事の業績(42.1%)、親孝行(30.4%)、所得水準(28.9%)、学習・キャリアアップ(22.9%)などだった。

金融業界で働く余紀量さん(仮名)は、就職して7年になり、自分のチームを持つようになっている。そんな余さんは、「昨年、僕のチームは大きな提携案件を手にした。自分のキャリアにしっかりと刻めるものができ、申し分のない成果を出すことができた」とし、2020年は「80点」の年と充実感を漂わせた。

「今年は若者にとって異性と知り合うのはより難しく、彼女などできないと思っていた。でも思いがけず彼女ができた」と話す王暁波さん(24)によると、彼女と出会ったのはオフィスビルの喫茶店。順調な交際を経て、今年には婚約する予定という。「本当に幸運だと心から感じる。人生で一番重要なことが実質的な進展を得ているので、僕にとって2020年は『100点』の年だった」と振り返る。

2020年の目標達成度について、100点満点で点を付けてもらったところ、平均74点だった。80点以上を付けた回答者の割合は56.1%だった。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号-4 京公网安备110102005860

中国語辞書: