中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
中国初のクローン猫の飼い主 「クローン猫で愛猫への思いをつなぎたい」
  ·   2019-09-05  ·  ソース:人民網
タグ: クローン;猫;社会
印刷

中国初のクローン猫「大蒜」

浙江省温州市に住む黄雨さん(24)は、一夜のうちに自分がネットの有名人になっていることに気付いた。8月20日午後3時18分、黄さんはソーシャルメディアに、「これは僕にとってネットの検索ランキング上位に一番近づいた出来事」と書き込んだ。

黄さんを「時の人」にしたのは、彼本人ではなく、黄さんが飼っている猫だ。今年7月21日から、黄さんには「中国初のクローン猫の飼い主」という新しい肩書が加わった。

7月21日、中国初のクローン猫「大蒜(ダースワン)」が北京希諾谷生物科技有限公司(以下「希諾谷」)で誕生した。2012年に設立された希諾谷は北京市の昌平科技園区にある。同社の業務は遺伝子技術をベースにしており、ペットの領域では、遺伝子検査や細胞保存、ペットクローンの業務を行っている。「数の上では、遺伝子検査をする顧客が最も多い。営業収入では、クローンが最も多い」と同社副総経理の王奕寧氏は語る。

2017年5月28日、中国初の体細胞クローンのビーグル犬「竜竜(ロンロン)」が希諾谷の実験室で誕生した。2018年5月24日、希諾谷は初となる商業目的のクローン犬を誕生させた。現時点までに、希諾谷は計40匹以上のクローン動物を誕生させている。クローン猫の価格は25万元(1元は約14.82円)、クローン犬は38万元となっている。

王氏は、「このクローン価格は、設備やスタッフ、訓練、実験動物など各方面を考慮したもの。このうちコストが最も高いのは科学研究スタッフへの投資だ」と率直に語った。では、クローン猫とクローン犬の価格に13万元も差があるのはなぜだろうか?王氏は、「技術的にいえば、猫のほうが犬よりずっと簡単だ。現在のところ、クローン犬技術をものにしているのは世界中でも中国と韓国、米国の3ヶ国だけで、しかもどの国にも一つしか実験室がない」と語った。

王氏によると、クローンを作ってほしいという顧客の多くはペットの飼い主で、同時に商業目的の企業も少なくないという。顧客は全国各地から来ているが、東南部沿海地域が多く、ホワイトカラーの女性が主要層となっている。この顧客層の特質は、収入が比較的高く、感情が豊かできめ細やかであること。クローンのニーズとしては、「一般的にはおかしな要求はしてこない。ただ以前、夏に生まれた犬は病気になりやすいことを心配して、生まれる時期を遅くするか早めるかしてほしいという顧客はいた」という。

8月27日、「大蒜」のニュースが報道されると、同社にかかってくる問い合わせの電話は3倍になった。次の展開として、同社は馬のクローンを考えており、価格は1頭58万元を予定しているという。「年間100-200件を安定して受注できるようにしたい。今後技術的に熟練していくにつれて、クローンの費用は下がる可能性がある」と王氏は語った。

黄雨さんは、クローン猫を通じて愛猫への思いをつなぎたいと思っている。「家には今、ほかにも2匹猫がいるが、どの猫に対する気持ちも同じではない。でも最初からずっと、一番好きなのは2年半飼った『大蒜』。生まれつきほかの猫とは違った利発さがあった。どんな猫も代わりにはならない」と言う。

2016年10月、黄さんは温州のある猫のブリーダーから、生後2ヶ月になるグレーと白のブリティッシュショートヘアの猫を購入し、「大蒜」と名付けた。その後2年半の間、大蒜はほとんど黄さんと離れることはなかった。黄さんは大蒜に最高の輸入キャットフードと缶詰を与え、毎月大蒜にかける費用は少ない時でも700-800元、多い時には千元にもなった。「自分が使うお金の10%くらいかな」と黄さんは振り返る。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: