中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
「青空を守る戦い」半年間の「戦果」は新たに20都市が基準達成
  ·   2019-07-10  ·  ソース:人民網
タグ: 大気;環境;社会
印刷

生態環境部(省)は8日、今年上半期の全国大気の質状況を発表した。今年1月から6月、全国地級市レベル以上の都市における平均優良天気日数の割合は、前年同期比0.4ポイント増の80.1%だった。また、142都市が、都市部における環境大気の質基準を達成し、前年同期比で20都市増加した。新華社が伝えた。

主な観測指標に関しては、今年上半期、全国337の地級市レベル以上都市におけるPM2.5濃度は、1立方メートル当たり40マイクログラムで前年同期比2.4%低下、PM10濃度は同4.2%減の1立方メートルあたり69マイクログラム、オゾン濃度は1立方メートルあたり143マイクログラム、前年同期比とほぼ横ばいだった。

「青空を守る戦い」の三大重点エリア別にみると、北京・天津・河北地域およびその周辺部で構成される「2+26」都市部における大気の質はやや落ち込み、今年1月から6月の平均優良天気日数の割合は47.5%、前年同期比2.3ポイント低下。PM2.5濃度は同4.8%上昇。このうち北京市における1-6月の優良天気日数の割合は62.4%、同2.7ポイント上昇、PM2.5濃度は同13.2%減の1立方メートルあたり46マイクログラムだった。

長江デルタ地域の41都市における1-6月平均優良天気日数の割合は73.6%、前年同期比0.2ポイント低下。PM2.5濃度は同4.1%低下した。

汾渭平原(汾河と渭河の流域)にある11都市における1-6月平均優良天気日数の割合は54.4%、前年同期比0.7ポイント低下。PM2.5濃度は同4.8%上昇した。

重点都市における大気の質ランキングをみると、1-6月、重点都市168都市のうち、臨汾、邢台、石家荘市など20都市における大気の質は比較的劣っていたが、海口、拉薩(ラサ)、深セン市など20都市における大気の質は比較的優良だった。

大気の質の前年同期比改善率についてみると、168都市のうち、南寧、宿州、肇慶など20都市における大気の質の改善率は比較的高かったが、泰安、大連、臨沂など20都市における大気の質の改善率は比較的低かった。(編集KM)

「人民網日本語版」2019年7月9日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: